ねんねん どっち? ねんねん どっち? ねんねん どっち?の試し読みができます!
作: 宮野 聡子  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
「どっち?」にこたえていくうちに、あらあらふしぎ。すやすやねんね。子どもの気持ちを安心させ、しぜんに眠りの世界へみちびく絵本。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
アナベル・ドールとちっちゃなティリー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

アナベル・ドールとちっちゃなティリー

  • 児童書
作: アン・M・マーティン ローラ・ゴドウィン
絵: ブライアン・セルズニック
訳: 三原 泉
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年10月03日
ISBN: 9784036315901

22×16cm 352ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

陶製の人形アナベル・ドールの冒険シリーズ第3弾

パーマー家に住むドールハウスの人形達は人間が見ていない間だけ動ける。
シリーズ3作目は謎の小包からデパートでの冒険に発展!

ベストレビュー

慎重派から行動派へ

今回はアナベルとティファニーの他に、弟たち(ボビーとベイリー)そしてよちよち歩きのティリーも一緒に冒険します。
ちょっとした町の公園も、人形たちにとってはジャングルで容易には抜け出せず、捨ててあったお菓子の袋をテントにして一夜を明かします。
デパートのおもちゃ売り場で、沢山の人形たちに出会ったり、併設の玩具の病院で修理されるなど、アナベルたちは想定外の事態を切り抜けていきます。
慎重派のアナベルが、徐々に行動派になってきたと思いました。
お人形なので見た目は変わりませんが、ティリーという妹に出会って、アナベルは成長したようです。
(みいのさん 50代・ママ 男の子19歳、女の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アン・M・マーティンさんのその他の作品

レイン 雨を抱きしめて / アナベル・ドールと世界一いじのわるいお人形 / アナベル・ドールの冒険

ブライアン・セルズニックさんのその他の作品

マリアンは歌う / ユゴーの不思議な発明 / ウォーターハウス・ホーキンズの恐竜

三原 泉さんのその他の作品

アルバートさんと赤ちゃんアザラシ / あらいぐまのヨッチー  / 手と手をつないで / クリスマスイヴの木 / こちょこちょがいっぱい! / さかさんぼの日



2歳からの日本語エンターテイメント第2弾は、つけたし+

アナベル・ドールとちっちゃなティリー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット