くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
福を呼び込んでくれる!絵本『おふくさん』の複製画が、絵本ナビ限定で発売中♪
てんしのはな
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

てんしのはな

作: 丸山明子
出版社: サンパウロ

本体価格: ¥874 +税

「てんしのはな」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

内容紹介

いつも笑顔の、心やさしい女の子アンナ、だれからも愛され、しあわせいっぱいに生きる毎日、そんなアンナに突然つらく悲しいできごとが…。大きな力に身をゆだね、明るく生きることでほんとうのやさしさ、愛の深さを感じとった少女が、生きる勇気と喜びを与えてくれる。

ベストレビュー

クリスマス会を控え

4〜5歳児に読みました
いつも皆が幸せになることを「喜び」としている少女アンナ
ところが重い病気で目が見えなくなってしまったのです
一度は悲しみに打ちひしがれたアンナでしたが、クリスマスの夜天使たちがたくさんの花で飾ってくれました
すると目が見えるときにはわからなかったたくさんにことに気づいたアンナにまた笑顔が戻ったのです
子どもたちもクリスマス会を控え、天使などに興味を持っていたので、絵本に見入ってました
「ちょときらいなお野菜も、残さず・・・」のところでは思わず子どもから「えらいなぁ〜」と声が漏れてました

(風の秋桜さん 40代・その他の方 )

出版社おすすめ




文字がないからこそ物語を想像して感動できる一冊

てんしのはな

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット