ムーミンママのハンドバッグ ムーミンママのハンドバッグ
絵: リーナ&サミ・カーラ 文: カタリーナ・ヘイララ レーナ・ヤルヴェンパー 訳: 高橋 絵里香  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
原作の世界から飛び出した、持ち歩けるバッグ形のキュートな絵本。
【ギフトにオススメ】フレデリックのマスコットが付いた、可愛すぎるソックスが新登場♪
イクバルと仲間たち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

イクバルと仲間たち

  • 児童書
作: スーザン・クークリン
訳: 長野 徹 赤塚 きょう子
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年09月
ISBN: 9784338155076

ページ数 207ページ

出版社からの紹介

貧しい家族を助けるため、きびしい労働を強いられる子どもたち。深夜までの仕事、ひどい環境、雇い主の虐待……。そんな現実にたちむかったパキスタンの少年・イクバル。彼の勇気は、世界の人々の心を動かしました。

ベストレビュー

世界にはまだ子どもたちが労働している。

この本で取り上げられているのは4歳の時から、
家族の借金のかたに児童労働をさせられていたパキスタンの少年「イクバル・マシー」くんです。

世界はめまぐるしく動いていて、日々発展しています。
そうした世界の動きの中で、今でもまだ発展途上国の貧しい国々の子どもたちは(生活をするためにやむおえなくした)親の借金の肩代わりに厳しい労働条件で、本の幼い子どもたちがほぼ一日中労働をさせられていることを知りました。
そして、彼らのほとんどはその状況を「仕方ない」「当たり前のこと」もしくは、「働いて家族にお金を渡せるだけ幸せ」と考えているのです。

イクバルを救ったのは「BLLF(債務労働解放戦線)」でした。
パキスタン各地の救うべき労働者たちのためにいろいろな活動をしている組織です。イクバルはこの団体の集会を聞きに行き、その集会を行っていた主催者の(その後のイクバルの父のような存在になる)イーシャーン・ウラー・カーンに助けを求め、彼の働きで自由になることができました。

この本では、労働をさせられていたイクバルやそのほかの子どもたちの話を取り上げつつ、自由になった後のイクバルがカーンと一緒に回った講演の内容が載っていました。

まだ子どものイクバルが語っている内容なので、全体小学校高学年くらいの子ども達が読んでも十分理解できる内容で書かれています。

そして、残念なことにイクバルは1995年、銃弾に倒れました。
まだ13歳でした。
この本を読んでも日本の子どもたちにはピンとこないかもしれませんが、こういう不当な労働が平気で行われている地域が世界にはあるんだということを頭の片隅において大人になってくれるといいなと、思います。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子19歳、女の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


長野 徹さんのその他の作品

逃げてゆく水平線 / バレエ・アカデミア(全6巻) / バレリーナのおきゃくさま / バレエ・アカデミア 5 バレリーナの挑戦! / バレエ・アカデミア 4 夢みるトウシューズ / バレエ・アカデミア 3 バレリーナの恋人は、天使!?

赤塚 きょう子さんのその他の作品

コズミック!宇宙への旅



『おふくさん』 服部美法さん インタビュー

イクバルと仲間たち

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット