しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
うつる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うつる

文: 中川 正文
絵: 飯田 四郎
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

作品情報

発行日: 1972年

5才〜6才向き
ページ数: 24 サイズ: 25X23cm かがくのとも 1972年6月号

出版社からの紹介

かがみに映る自分の姿以外にも、自分が映るものはたくさんあります。雨上がりのみずたまり、教室のガラス、水槽、花瓶。風が吹くと水のかがみは揺れますね。映るものによっては姿がゆがみます。見慣れたかがみもいろんな映り方をします。たくさん自分を映してみましょう。(かがくのとも39号)

ベストレビュー

「うつる」不思議の面白さがわかります。

月刊かがくのとも・39号《1972年6月発行》の復刻版です。
絵は飯田四郎さんです。
大きな字とはっきりした絵で「うつる」科学を見せてくれています。
これって、対象年齢は幼稚園の年長さんくらいでしょうか?
文字は本当に少ないのですが、
水たまりや窓ガラス、人の瞳の中にも「うつっている」不思議が見えて楽しいです。
特に最後の方に描かれている「こんなところにも」というページは
映っているものが曲線などゆがんだり伸びたりして見えることが、しっかり理解出来る形で描かれていて改めてすごいなぁと、感心しました。
やはり復刻版でよみがえっただけの作品です。

今度小さい子向けのお話会で読んでみたいです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子17歳、女の子13歳)

出版社おすすめ


中川 正文さんのその他の作品

アラビアン・ナイトのおはなし / きつねやぶのまんけはん / がんばれ さるの さらんくん / おはがきついた / いちにちにへんとおるバス / かげはすてきなともだち



「パンダのポンポン」シリーズ 野中柊さんインタビュー

うつる

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット