だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
絵でわかる社会科事典 3昔のくらし・道具
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

絵でわかる社会科事典 3昔のくらし・道具

  • 絵本
監修: 鎌田和宏
出版社: 学研 学研の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥5,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年01月
ISBN: 9784055010023

A4変型 176頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

昔のくらしと道具が50音順でひける本格絵事典。前半は昔のくらしが楽しいイラストでまとめられていて,当時のようすや生活の変化がわかります。後半は前半に出てきた道具について,写真や図解と簡単な解説で理解が深まります。

ベストレビュー

紙芝居のタイトルが気になります!

それこそ、昔はこういった本はすべてまとめて百科事典だったような気がしますが、この本の分類は「社会科辞典」だそうです。
正直面白かったです。
こういうのは小学生くらいの子どもたちが、授業で資料として使うことを前提に作っているのでしょうか?
普通に読んでも十分楽しかったですよ。
昭和生まれのお父さんお母さん、戦前戦中戦後くらいの生まれのおじいちゃんおばあちゃんも、お元気で長生きされている大正・明治生まれのひいおじいちゃんとかひいおばあちゃんもお子さんやお孫さんと是非一緒に読んでもらいたいな〜と、思います。

どのページも懐かしい物や風景に溢れていて、改めて子供の頃はいろいろな季節の空気や自然、それに季節ごとの行事をもっと肌で感じていたなと、思いました。
学校の「校舎」を紹介しているページ一つとっても、今の小学校のグランドに「百葉箱」ってあったかな〜、うちの子どもたちが通っていた小学校ではどこかにあったかしら?なんて考えてしまいました。

読んでいて一番面白かったのは各ページについている
「当時のことを聞いてみよう」というところ。
その当時ことを思い出して昔の○○はこうだった。と、コメントみたいに載ってるんですが、
どれもこれも「そーそー」と、ついうなずいてしまうのは、きっと私だけでないと思いたいです。

ところで、『道具』で紹介されている昔の紙芝居の舞台の写真が載っているのですが、
ここにたまたま載っているこの紙芝居がなんなのか、とっても気になります。なんだか宇宙人みたいな少年と、ごく一般的な男の子とUFOみたいな乗り物が描かれています。
この紙芝居のタイトルが気になりました。
あと、牛乳屋さんが朝配達してくれる箱も懐かしかったです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子17歳、女の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

鎌田和宏さんのその他の作品

くふうの図鑑 (小学館の子ども図鑑 プレNEO) / 奈良・平安時代 / 絵でわかる社会科事典 2 / 絵でわかる社会科事典 1 / アジア太平洋戦争の研究



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

絵でわかる社会科事典 3昔のくらし・道具

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット