もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
たんじょうびにはコスモスを
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

たんじょうびにはコスモスを

  • 絵本
文: あまん きみこ
絵: 土田 義晴
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

本体価格: ¥880 +税

「たんじょうびにはコスモスを」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1986年10月
ISBN: 9784893252692

B5

内容紹介

きょうは、たぬきママのたんじょうび。ママのすきなコスモスのはなをプレゼントしたくて、くるくるっ、くるくるっ!にんげんの男の子にへんしんした、タアくんとマアくん。はじめてふもとの町の花やさんにおりていきましたが…。

ベストレビュー

だって、ママのたんじょうびだもん。

庭には、たくさんのコスモスの花が大きく育ち、
ゆらゆら、ゆらゆら風にゆられています。
主人の好きな花です。
毎年、秋になると楽しませてくれます。
そんなコスモスを見ていて思い出すのが、この絵本です。

今日は、たぬきママの誕生日です。
ママの好きなコスモスの花をプレゼントしたくて、
双子のタアくんとマアくんは、
ママには内緒で、人間の花屋さんに行くために、
人間に化けようと試みます。
くるくるっ、くるくるっ・・・何度も何度も挑戦します。
31回目でやっと人間の男の子に化けたふたりは、
初めてふもとの町の花屋さんへ向かいます。

タアくんとマアくんの優しい気持ちが、嬉しいですね。
一生懸命に、人間に化けようと頑張るところは、
たぬきママのことが、とっても好きなのでしょう。
母である私は、とても胸にぐっときました。

ふたりがたぬきだとばれないか、とてもひやひやしましたが、
うしろから現れたパパだぬきの声に似たおじさんのお陰で、
無事コスモスの花を買うことが出来ました。

もう、だいたい想像つきますが、
このおじさんも、パパだぬきが化けていたもの。
父親の優しさも、垣間見られたシーンでもありました。

つちだよしはるさんの絵は、優しくて可愛いですよね。
とくに私は、人間の男の子の笑顔が可愛くて好きです。

ほのぼのとしたお話が、さらに心をあったかくしてくれました。

童話に近い絵本なので、長いお話が大丈夫なら5歳ごろから、
小学校低学年向き。
(多夢さん 50代・ママ 女の子13歳)

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

あまん きみこさんのその他の作品

クレヨンぞうさん / ちいさなこだまぼっこ / はなまつりにいきたい / きつねみちは、天のみち / おつきみ / とらねことらたとなつのうみ

土田 義晴さんのその他の作品

紙芝居 きょうのくだものなんだろな? / くろくまレストランのひみつ / 紙芝居 よもぎだんごぺったん / バレリーナマノン / マユとまほうのてがみ / 紙芝居 たけのこほりほり



『海を飛ぶたね』<br> 暁ーAkatsuki―さんインタビュー

たんじょうびにはコスモスを

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット