ぱかぽこはしろ! ぱかぽこはしろ!
作・絵: ニコラ・スミー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
おうまさんごっこは好き? しっかりつかまってね! そうしないと・・・・・・??
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
ばあちゃんの入れ歯
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ばあちゃんの入れ歯

作・絵: 風間雄吉
出版社: 口腔保健協会

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ばあちゃんの入れ歯」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年10月
ISBN: 9784896052985

A4横変形判 32ページ

出版社からの紹介

こうちゃんのばあちゃん、最近ちょっと愚痴っぽい。

「年をとったから早く走れない、よく眠れない、何を食べてもおいしくない・・・」

ところがばあちゃん、死んだじいちゃんが残した動物の歯を、自分の入れ歯と間違えて入れたら、スーパーばあちゃんに大変身!!
ガオーと走り出してシマウマにかぶりついたり、クジラに食いついたり、豪快にグーグー寝たり、東京スカイツリーの上でコンサートをしたり・・・。

とっても楽しそうだけど、やっぱり一番よいものはもともと生えた自分の歯。孫のこうちゃんにも「歯を大切にするように」と言うやさしいばあちゃんなのでした。

ベストレビュー

 歯で人格が変わる!?

最初は絵がユニークで面白そうだと思って読み始めたけれど、終わってみたら
「ん!?歯医者さんの本!?」

思ったとおり、口腔保健協会というところが出版していた。

でも、歯を大事にするっていうことを押し付けがましく書いてないので、普通に絵本としてとても面白かった。

歯が違えば食べるものが変わって、食べるものが変われば体が変わってもちろん性格も変わる。

歯を大事にしないと、自分らしさがなくなっちゃうってこと。

みんな、しっかり歯磨きしようね!
(イザリウオさん 40代・ママ 男の子14歳、男の子11歳)

出版社おすすめ




「にじいろのさかな」シリーズ <br>編集者インタビュー

ばあちゃんの入れ歯

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット