もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
心の宝箱にしまう15のファンタジー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

心の宝箱にしまう15のファンタジー

  • 児童書
著: ジョーン・エイキン
訳: 三辺 律子
出版社: 竹書房

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「心の宝箱にしまう15のファンタジー」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

寝る前の10分をください。幸せな夢と、明日また頑張れる力を約束します。「今日は疲れたね。」「悲しかったね。」誰かが言ってくれなくても、この本はあなたの痛みをきっとわかってくれています。

ベストレビュー

堪能しました……。

小学校のこうハ学年くらいから、大人まで楽しめるファンタジーの短編集です。
この作品は作者自身が70歳の誕生日を記念して気に入っている作品を選んで収録したのだそうです。
ラストがちょっぴり不気味なものもありますが、昔話っぽい作りのも、現代のファンタジーっぽいものと、舞台は様々でどれも面白かったです。

個人的に好きなお話は
「ゆり木馬」(継母ものは、意地の悪い継母が憎らしくて仕方ないですが、その分鮮明に記憶にも残ってきますね〜)
「魚の骨のハープ」(なんだかとっても不思議な話でした。ネリーンはいったいどのくらい水の中に潜っていたのかしら?)
「神さまの手紙をぬすんだ男」(人のものを盗むことは決してよくないことですが、良心からフレッドが人としてできることを手紙を書いた方にも送った方にもしてあげたところはよかったです)
「お城の人々」(この話を読んだ印象は“安房直子さんみたい”でした。しっとりした「愛」が見えました)

1話1話は大したページ数もなく読みやすかったです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子18歳、女の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

ジョーン・エイキンさんのその他の作品

7つの怖い夜ばなし / ナンタケットの夜鳥 / ダイドーの冒険(5) コールド・ショルダー通りのなぞ / ダイドーの冒険(2) バタシー城の悪者たち / アーミテージ一家のお話3 ゾウになった赤ちゃん / アーミテージ一家のお話2 ねむれなければ木にのぼれ

三辺 律子さんのその他の作品

夢の彼方への旅 / 世にもおそろしいフクロウおばさん Awful Auntie / パンツ・プロジェクト / 緑の霧 / サンタクロースの11かげつ すてきなきゅうかのすごしかた / ほんとうに怖くなれる幽霊の学校



ぷくっと、ふわっとしたドーナツ!作ってみよう

心の宝箱にしまう15のファンタジー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット