ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
どんぐりねこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

どんぐりねこ

  • 絵本
作・絵: ほりうちしのぶ
出版社: 主婦の友社

本体価格: ¥700 +税

「どんぐりねこ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年
ISBN: 9784072388075

9ヶ月から

出版社からの紹介

毛糸で編まれた編みねこちゃんはある日、お母さんねこのもとをはなれて、1人で、秋の森に冒険に出かけます。そこで出会うのは、夏中かかってこんがり茶色に育ったどんぐりたち。並んで、輪になって、楽しい世界が広がります。やがて編みねこちゃんは、どんぐりをひとつ背中に乗せて、お母さんねこのもとへと家路を急ぎます。どんぐりは大好きなお母さんへ、小さな冒険のお土産なのです。……巻末には、編みねこのつくり方が紹介されていますので、やさしい絵本の世界を楽しんだら、ぜひ実際に編みねこをつくり、ママと赤ちゃんのための小劇場を、それぞれのご家庭でお楽しみください。

ベストレビュー

あみねことどんぐりがあたたかい

子供がまだ6ヶ月くらいの時に購入して読み聞かせていた絵本の一つです。
毛糸で編まれたねこちゃんと、本物のどんぐりと並べて写真に撮った構成の絵本は、ほんわかとした暖かさがいっぱいです。
子供もすっかり気に入って、絵本のお話を1歳くらいで全部覚えてしまいました。
一番後ろのページに編みねこの編み方が載っているので、作ってあげると大喜び。
どんぐりの存在を知ったのもこの絵本が最初でした。
最後に、お母さんにどんぐりを「はい、どうぞ」とする場面は、とっても嬉しそうに聞いていました。
(しん(∂∂)さん 30代・ママ 男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ほりうちしのぶさんのその他の作品

おばあちゃんとひみつのともだち



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

どんぐりねこ

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14




全ページためしよみ
年齢別絵本セット