だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ぼくの町」 みんなの声

ぼくの町 作・絵:岡田 ゆたか
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2002年
ISBN:9784591070703
評価スコア 4
評価ランキング 20,273
みんなの声 総数 2
「ぼくの町」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おにいちゃん、素敵!

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子9歳、男の子7歳

    おはなしの時代は電車ができた頃らしいので、昭和の中ごろなのでしょうか。
    工事現場で働くお父さんの息子たくやは、いつも正しく、前を向いて生きている、そんな様子が話から伝わってきます。
    自分の不満はぐっとこらえて、自分より恵まれている友達をうらやむことない姿は、大人からみても頼もしい限りです。
    うちの子もこんな風に育てたいな。

    掲載日:2009/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • たくましき一匹オオカミ!

    • ちうやかなさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子10歳、男の子7歳

    母はいないようです。建築現場の飯場に父と住み、
    転校を重ねて生活する兄弟の話・・・。
    学校で、「いなかっぺ」の「シャッポ団」と、
    共稼ぎ家庭の(?)「カギ団」の抗争が続いていました。
    「兄ちゃん」は「けんかするなら一たい一でやれ。
    おれがたちあってやる!」と、
    団長同士の「けっとう」を提案。
    ところが・・・!この「けっとう」で「兄ちゃん」が
    二人の団長に大喝を入れるのです。ここがすごい!
    読み聞かせでは、なんかとても気分良く読めました。
    絵も、ハッキリしていて読み聞かせに向いています。
    一昔前の話と言わずに、ぜひ読んでみて欲しい。
    初版は1980年代。2002年「赤木かん子企画」で
    復刊しています。

    掲載日:2006/07/24

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / からすのパンやさん / はじめてのおつかい / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット