だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ヘンリーくんとアバラー」 みんなの声

ヘンリーくんとアバラー 作:ベバリイ=クリアリー
絵:ルイス=ダーリング
訳:松岡 享子
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1977年
ISBN:9784051046187
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,210
みんなの声 総数 3
「ヘンリーくんとアバラー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おもしろいと思いました

    ぼくははがぬけるときに、アバラーとか犬とかにひっぱってもらってぬくのはいやだと思いました。

    ヘンリーのはが二本ぬけて、そのすきまから、水を出しているのが、水てっぽうみたいで、おもしろいと思いました。


    ヘンリーはつりに行けるのかなって思いました。アバラーがなんかわるいことをしたら行けないからです。

    ぼくもつりに行きたくなりました。ヘンリーみたない大きなさかながつれたらいいなあって思いました。

    つりは、朝早くおきるからたいへんって思いました。

    さむい中でまっているのもたいへんそうって思いました。

    でも、つれたらたのしそうだから行ってもみたいと思いました。

    掲載日:2009/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもの興味・好奇心は万国共通

    私の読んだのはヘンリーくんがアバラーを自転車に乗せているもので、ちょっと違うのですが、内容は同じでしょう。

    「がんばれヘンリーくん」は子どもの頃に読んだらしく懐かしかったです。

    この本も、息子と一日一話的に読んだのですが、おもしろく読めました。

    最近、釣りブームの息子にとってはヘンリーくんが釣りに行けるかどうか?どんな魚を釣るのか?興味津々でした。

    特にサケ釣りの話と、アバラーのゴミ捨て場での出来事のエピソードがおもしろかったです。

    息子はヘンリーの犬歯が抜けて、その隙間から水を吹いたというところが、おもしろかったようです。

    国は違っても、子どもの興味・好奇心は万国共通。今回の話もとても楽しく読めました。

    掲載日:2009/07/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人も楽しめます

    ヘンリー君シリーズ第2作。小学校3年生のヘンリー君。飼い犬アバラーとともに面白おかしい事件が連発。おかあさんがバリカンをセールで買ってきてヘンリーの頭を刈ったお話は、夫が娘6歳の髪を娘の希望よりずっと短く切ってしまい大泣きされたときに読みました。虫食い頭のようになってしまったヘンリーに娘はすごく親近感を持った様子。少しご機嫌がなおりました。

    掲載日:2006/09/29

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット