だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

クリスマスをさがして」 みんなの声

クリスマスをさがして 作・絵:トリーナ・シャート・ハイマン
訳:若林千鶴
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1995年
ISBN:9784323015088
評価スコア 4
評価ランキング 20,264
みんなの声 総数 2
「クリスマスをさがして」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • それぞれのクリスマス

    この物語の主人公の女の子は、一人暮らしなのか、「ひとり」の世界に焦点を当てているのかわかりませんが、いずれにしても「家族」は登場しません。こういう設定はわくわくします。寓話としてのおもしろさが何にも邪魔されないからです。不特定多数の子どもたちと、お話を共有するときにも、ぴったりです。

    さて、女の子は、偶然出会ったおばあさんに「そういえばクリスマスというものがあった」と聞き、見たことも聞いたこともないクリスマスを探しに出かけます。
    行き先は「大雪の森」。ここで、やはりクリスマスを知らないネコ、イヌ、タカ、キツネ、マネシツグミに出会い、みんなが心の中にいろいろなクリスマスを思い描きながら、一緒に探していきます。
    それぞれの性格付けがおもしろく、その辺は日本語訳の妙とも言えるでしょう。
    最終的に出会ったクリスマスに6人(匹)はそれぞれの思いを抱きます。これが、いろんな人間のクリスマスの感じ方の象徴にも思えて、おもしろいです。
    クリスマスは生きとし生けるものの心の数だけあるのですね。

    掲載日:2008/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • クリスマスは自分で作り出すもの

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子14歳、男の子11歳

    クリスマスを知らない小さな女の子が、大雪の森にクリスマスを探しに行きます。
    途中で、桃太郎よろしく、ネコ、イヌ、タカ、キツネ、マネシツグミも合流します。
    さあ、どんなクリスマスを見つけるのでしょうか?
    このおはなしには、通常のクリスマスらしいものは一つも出てきません。
    それなのに、ラストの文章がとても心に響きます。
    そうですね、クリスマスの本質を描いているとも言えます。
    クリスマスを探す、ということで結ばれた女の子の仲間達との友情が素敵です。
    淡々としたストーリーですが、心に温かいクリスマスでした。

    掲載日:2007/12/24

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / ペレのあたらしいふく / つみき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット