たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

雪ぐにの巨大な青むし」 みんなの声

雪ぐにの巨大な青むし 作・絵:とだ こうしろう
出版社:戸田デザイン研究室 戸田デザイン研究室の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2005年
ISBN:9784924710535
評価スコア 4
評価ランキング 20,278
みんなの声 総数 2
「雪ぐにの巨大な青むし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 自然との共生

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    知育的な絵本をたくさん書いている方が作者なんですが、あとがきを読むと「自然との共生と循環」としてそれぞれの生きる役割について「個性」と表現しています
    最後にチョウになるところは「はらぺこあおむし」とかさなってしまうところもありますが・・・
    文章の中に「しぜんの力をまえにすれば、人間の力などは・・・じしんもしずめられないのです」と印象に残ることばがありました

    掲載日:2011/05/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 児童画のようで

    雪国に現れた巨大な青虫が、山の草をどんどん食べてしまいます。
    草を食べつくしたら、今度はスイカ畑に…。
    児童画のような絵、子どものような自由な発想、ちょっとクセがあるようにも思えたのですが、子どもたちにはなじみやすい絵本のようです。
    登場する動物たちや人間は固定観念のとらわれない色使いや描き方、むしろ作為的に稚拙にしたようにも思えるのですが、これは小学校の教室に飾られた児童画のパワーにつながるようにも思えます。
    スイカを食べようとした青虫に、人々は銃で立ち向かいます。
    にわか雨とカミナリに退散させられてしまうのですが、神の声なのでしょうか。
    その後に、「食べさせてあげれば良いじゃないか」という人々の声は土地の声?
    巨大な青虫の糞が腐葉土となり、その後甘いスイカができたとさ。

    テーマは共生でした。
    少し強引なように思いますが、子どもには違和感はないようです。
    よく考えると、語り口は大人でした。
    「ごくつぶし」「腐葉土」、言葉の解説がありましたが、「ごくつぶし」にはびっくり。
    これが意外と新鮮だったのか、子どもたちの頭に「ごくつぶし」の言葉が残ったようです。

    掲載日:2011/05/17

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット