たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

魔女ファミリー」 みんなの声

魔女ファミリー 作:エレナー・エスティス
絵:エドワード・アーディゾーニ
訳:井上 富雄
出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2002年06月
ISBN:9784916016379
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,805
みんなの声 総数 4
「魔女ファミリー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 魔女

    今私の中で魔女の存在が気になっているのでこの絵本を選びました。私の想像通りの魔女が登場するので嬉しくなりました。描き方がレトロで時代を感じられるのが良いと思いました。主人公が自分の思い通りに事を運んでいけるのが逞しかったです。ハロウィンの時期のことも登場するのが気に入りました。

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • すごいと思いました

    エイミーはすごいなあと思いました。

    まじょばあさんをガラス山についふくしちゃったからです。

    よそうしたことが本当になるのもすごいと思いました。

    ちびまじょはかわいそうだと思いました。

    まじょばあさんといっしょに住まなくちゃいけないからです。

    ぼくはガラス山に住みたくないけれど、まほうは使ってみたいと思いました。

    掲載日:2010/09/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 魔女をガラス山へ

    中学年向けの読物として私が注目しているのが、学研の世界の童話シリーズです。

    ただ、このシリーズ絶版が多いです。

    編集委員が大塚勇三、渡辺茂男、内田莉沙子という面々で今読んでもおもしろいものが多いのにとても残念です。

    そんな中、復刊されている本もあり、それがこの「魔女ファミリー」です。

    読むまで気がつかなかったのですが、絵がアーディゾーニなんですね。

    最近、「魔法のほうき」など海外の復刊ものを読む機会が多いのですが、魔女ものはやはり海外ものがおもしろいと感じます。

    このお話、七歳のエイミーという少女が、いじわる魔女をガラス山に追放したところから始まります。

    普通の少女がどうして魔女を追放できるのかと思うでしょう。

    それは、エイミーが描いた絵の中のお話だからなんです。

    でも、単なる絵空事ではなく現実と空想がうまい具合に織り交ぜてあり、とても引き込まれるお話でした。

    登場人物が女の子だと時々嫌がる息子も引き込まれている様子で、続きが気になったようです。

    ハロウィンの頃も出て来ますので、ハロウィンの時の読物としても。

    復刊ものや名作古典は子どもたちがなかなか手に取らないので、大人の方が目利きになって楽しさを伝えていけたらと思います。

    掲載日:2010/09/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 追放

    エイミーのように、魔女になってちょっと意地悪された相手を、ガラス山に追放することを想像して空想ファンタジーを楽しみました。私の場合は、エイミーの真似をすることでストレス解消になって読み終わったら気持ちがすっきりしていました。

    掲載日:2012/12/04

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



たたかえ!じんるいのために!

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット