モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

子どもに語るモンゴルの昔話」 みんなの声

子どもに語るモンゴルの昔話 絵:興安(ヒンガン)
訳:蓮見治雄
再話:蓮見 治雄 平田 美恵子
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2004年11月
ISBN:9784772190411
評価スコア 4
評価ランキング 22,265
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • モンゴルの昔話

    モンゴルの昔話というとすぐに浮かぶのが『スーホの白い馬』です。

    それ以外には知らなかったので、とても興味がありました。

    「ラクダとネズミの争い」が、ちょうど十二支のはじまりにあたるお話で、日本では猫にあたるものがラクダであるところに土地柄を感じました。

    15話収録されていますが、この中で一番胸に迫って来るものがあったのは「石になった狩人」です。

    自己犠牲とも言えるお話で、とても印象に残りました。

    「ネズミのむこさがし」は日本にも同類のお話があるので、日本との近さを感じました。

    昔話自体に力があるので、話を聞く子どももとてもよく聞いてくれます。

    読み聞かせに耳を傾けてくれる時代に、たくさん読み聞かせしておきたいシリーズです。

    掲載日:2010/12/22

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット