もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

よーするに医学えほん からだアイらんど けが編」 みんなの声

よーするに医学えほん からだアイらんど けが編 作:きむら ゆういち 川田 秀文
絵:中地智
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2008年06月
ISBN:9784062145527
評価スコア 4
評価ランキング 22,266
みんなの声 総数 1
「よーするに医学えほん からだアイらんど けが編」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 体はいつも戦っている!

    体の仕組みに興味がある息子が、図書館で見つけた本です。

    3冊シリーズの本で、人間の体を「島」(からだアイらんど)に例えて説明してあります。
    この本では、怪我をしたときの体の反応が描かれています。
    転んで怪我をする→堤防(皮膚)が決壊!!
    体は、傷口を修復すると同時に、外界から体内に侵入しようとする細菌たちにも対応しないといけません。
    外界に存在する細菌「バクテロリスト」、いかにも悪そうな顔に描かれています(笑)。
    それに対抗する体内の組織。
    セッケッQ便(赤血球)、好忠番犬(好中球)、血小番人(血小板)など、もとの名前を上手く生かしつつ、わかりやすいネーミングになっていて楽しいです。

    傷口が治るまでの間、体の中ではこんな戦いが行われているんですね。
    腫れも、膿も、かさぶたも、ちゃんと意味があることがよくわかりました。
    巻末には大人向け?に各ページの内容を具体的に説明した解説もあり、より深く理解することができますよ。

    わかりやすいとはいえ内容はちょっと高度です。
    体の仕組みがある程度理解できているお子さんにお勧めです。

    掲載日:2010/12/08

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット