サンタクロースのはるやすみ サンタクロースのはるやすみ サンタクロースのはるやすみの試し読みができます!
文・絵: ロジャー・デュボアザン 訳: 小宮 由  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
クリスマスじゃなくてもサンタクロースは大活躍!

みつばち」 みんなの声

みつばち 作:薩摩忠
写真:今森 光彦
出版社:世界文化社
本体価格:\700+税
評価スコア 4
評価ランキング 20,659
みんなの声 総数 2
「みつばち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 思春期に起こりそうな出来事。4つの話。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    小学5年生の主人公・道夫の「だるま」。小学校の高学年か、中学1年生くらいの年頃の主人公・研之介のところに届いた「手紙」の話。
    中学1,2年生くらいの主人公ぼくとこうちゃんが主人公の「ひったくり」。春子と真理とミズキ(同級生の小学5年生)が主人公の「ミツバチ」という4つの短編からなる児童書です。

    丘修三さんといえば、いろいろな「障害」についてのお話をよくお書きになる作家さんですが、この作品では、いわゆる「体の不自由な障害」を持つ人物は登場しませんでした。
    ただ、各編、それぞれの年代で起こりそうな様々な問題を抱えた子どもたちを追ってゆくお話で、一般的な子どもたちにはうなずける部分が多いと思います。

    先に描いたように、この物語は、小学校高学年くらいから中学生くらいの、難しい年ごろの子どもたちが主人公なので、
    ぜひ、同年代のお子さんに読んでもらいたいです。
    うちはとりあえず、上の子の朝読に持って行ってもらうつもりです。

    同じボランティア仲間のお母さんが、この本をある中学で紹介したら、(たぶんどれか1編を読んだんだと思います)
    泣きだしてしまった子がいたとか…。
    読み手、聞き手のお子さんには、すごく自分たちに「似てる」と感じるものがあるのかもしれません。

    掲載日:2010/09/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • ぶむぶむぶむ・・・はちがとぶ。

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子8歳

    暖かい春がやってくると、花から花へ飛び回るみつばちが現れます。
    おおいぬのふぐり、菜の花、かたくりの花に、れんげ草。
    わずかしか採れない花粉を多量に集めるために、
    毎日忙しそうに飛び回ります。
    ほんと、大変そう。
    家族が多いからね。
    はちは、怖いってイメージがあるけど、
    生態を知れば知るほど、知りたくなります。
    写真は美しくうそがないので、虫好きな子なら、
    きっと食い入るようにながめて離さないでしょうね。

    私も、みつばちが登場する絵本を作ったので、
    すごく親近感が沸いて、じっくりと読ませていただきました。
    最近、みつばちが減っているというニュースも飛び込んできて、
    心配でもあり、みつばちと私たち人間との密接な関係も知りました。
    いつまでも、みつばちたちが元気に飛び回ることを願っています。

    掲載日:2009/05/09

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



魔法のぐっすり絵本『おやすみ、ロジャー』第2弾!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット