あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
イカリサンカクさん 30代・ママ

いろいろな表現があった!
このお話は、赤ちゃんが生まれてくる家の…

斉藤洋のなん者にん者ぬん者(11) なん者ひなた丸、南蛮づくしの術の巻」 みんなの声

斉藤洋のなん者にん者ぬん者(11) なん者ひなた丸、南蛮づくしの術の巻 作:斉藤 洋
絵:大沢幸子
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1995年06月
ISBN:9784251038319
評価スコア 4
評価ランキング 20,500
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 術?

    相変わらず楽しいです。
    今回は、術と言えるのか?な南蛮渡来の便利グッズによる活躍が描かれています。
    まぁ、三蔵老人の言う通り、素早く機転をきかせてて対処するのは流石だな!と思わされました。
    もう11巻なので、最初と比べて、ひなた丸がとても頼れる忍者(正確にはなん者)に成長しているのがよく分かります。
    我が家にある1巻を読むとなんだか懐かしくなります笑。

    掲載日:2016/10/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 毎日読み聞かせしています

    総ルビではないので、自分で読むなら中学年からでしょうか。

    小二の息子には毎日少しずつ読み聞かせしています。

    図書館でとびとびに読んでいます。さすがに、11巻になると難しくなってきました。

    何がというと、南蛮ということがまず理解できないというところ。

    歴史的背景がわかれば、もっと楽しめるかもしれません。わからないなりにも楽しんでいましたが。

    南蛮の鏡、ルーペ、幻術とそろった時点で、どんな風になるのか大人としては予測ができましたが、息子にとってはすべて初めてということで、おもしろく読めたようです。

    これで六冊は読んでいるところなので、読み始めて、家老が出てくるタ
    イミングもわかってきたようです。

    登場人物の把握ができるところが、シリーズものとしては楽しいですね。

    読みどころは、ずばりひなた丸の成長で、機転をうまく利かせながら、毎回術が一つずつ増えていくのを子どもと一緒に楽しんでいます。

    わが家では夫も読むシリーズとなっています。

    掲載日:2009/07/03

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クララ
    クララ
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    今からおよそ300年前、ヨーロッパを旅したサイのはなし。実話をもとに描かれた感動の一冊。


23人の絵本作家から未来の子どもへメッセージ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット