もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

lunaさんの公開ページ

lunaさんのプロフィール

ママ・30代・大阪府、男の子9歳

lunaさんの声

1649件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 歌うように  掲載日:2018/8/7
カエルもヒキガエルもうたえる
カエルもヒキガエルもうたえる 作: アーノルド・ローベル
訳: アーサー・ビナード
彩色: エイドリアン・ローベル

出版社: 長崎出版
作者さんは本当にカエル好きだなーとページをめくって納得。
ふたりはともだちよりずっと初期の作品だったんですね。元はご友人に向けたものとのこと。粋な方だったんだなと想像しました。
内容は物語であり、詩でもあり、歌のようでもあって、とても楽しかったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 猫好き歓喜  掲載日:2018/8/7
10ねこ
10ねこ 写真・文: 岩合 光昭
出版社: 福音館書店
岩合さんはテレビでお見かけしたことがあるので、絵本の作者名を見たとき驚きました。
猫好きには堪らん絵本です。世界中の猫写真から厳選した写真なのかな、海外撮影のものから日本国内まで様々な猫写真がありました。
個人的には2匹の写真と表紙が好きです。
数え歌絵本としては勿論、写真を純粋に楽しめます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 癒される  掲載日:2018/8/7
おうさまのおひっこし
おうさまのおひっこし 作: 牡丹靖佳
出版社: 福音館書店
恥ずかしがり屋で言葉足らずな王様と、おっちょこちょいが過ぎる共のもの達の愉快なお話。
お供たちのやる事なす事が色々と想定外で面白いです。そして優しい王様にほっこりします。
物語終了の翌日、ベッドしかないお城でどうするんだろう、共のものが何をやらかすのか想像するのも楽しいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ママの正体  掲載日:2018/8/7
かぞくのヒミツ
かぞくのヒミツ 著者: イソール
訳: 宇野 和美

出版社: エイアールディー
初っ端から笑いを誘われてしまいました。
とにかく面白いです。
ママの正体を知ってしまった私の衝撃を思うと笑っちゃダメなんですけど、おかしくて。
息子も楽しそうに読んでました。
あとがきを読んで、作者さんの言葉にとても共感を持ちました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 御伽の国  掲載日:2018/8/7
オオカミさん、いまなんじ?
オオカミさん、いまなんじ? 作・絵: デビ・グリオリ
訳: 長友 恵子

出版社: 鈴木出版
昔話、おとぎ話のお話のキャラクターが沢山登場して賑やかな一冊でした。
ハンプティダンプティなどは、ちょっと馴染みがないんで事前にそれらの本を知ってから読んだ方が楽しいかも。
悪役の狼さんがみんなとなかよしなのが微笑ましいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい エネルギーを楽しく教えてくれる本  掲載日:2018/8/7
エネルギーってなんだろう
エネルギーってなんだろう 作: キンバリー・ブルベイカー・ブラッドリー
絵: ポール・マイゼル
訳: やまじけんじ

出版社: 福音館書店
エネルギーってなに?
って子供に聞かれても、私もうまく答えられない。漠然としかわからないなと思っていました。
この本は分かりやすく楽しくそれらを教えてくれました。私もとても勉強になった絵本です。
科学の入り口にオススメしたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 野菜がお化けに!  掲載日:2018/8/7
おばけばたけ
おばけばたけ 作: 林 なつこ
出版社: マイクロマガジン社
野菜がお化けになっちゃった!?

そして、登場するキャラクターがみ〜んなお化け?!

最後は野菜お化けを美味しく頂いちゃうんですね!さすがお化けさん!
食育ぽさもあって楽しいですし、とても斬新だなと思いました。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 微笑ましい  掲載日:2018/8/7
ちいさなエリオット おおきなまちで
ちいさなエリオット おおきなまちで 作: マイク・クラトウ
訳: 福本 友美子

出版社: マイクロマガジン社
ちょっと色褪せ気味の水玉の地味で小さいゾウが主役。
日常生活がちょっぴり大変そうだけど、工夫してうまくやってるぽいのが可愛いです。
優しい心で、素敵な友人を見つけたゾウ。地味なんだけど、微笑ましくて可愛らしいお話でした。
参考になりました。 1人

ふつうだと思う ウォーリーをさがせ系  掲載日:2018/8/6
シティーズ とうきょう
シティーズ とうきょう 作: IC4DESIGN
出版社: 昭文社
東京は行ったことない場所なので子供には馴染みがなくあまり関心が持たなかったみたいです。自分の住んでる街だったら親近感を持って楽しく読めたかもしれません。
うちの子はウォーリーをさがせ系もあまり好きじゃないからハマらず、でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 笑いが止まらない  掲載日:2018/8/6
角川つばさ文庫 ジュニア空想科学読本(1)
角川つばさ文庫 ジュニア空想科学読本(1) 著: 柳田理科雄
絵: 藤嶋 マル

出版社: 株式会社KADOKAWA
小3の息子に、興味を持った部分から読み聞かせしましたが、途中から笑いが止まらなくなってしまって大変でした。
ドラえもんのタケコプターについて、サザエさんのエンディング曲のラストシーン、プリキュアの変身、ハイジのブランコ、アンパンマンの顔、目玉親父、かぐや姫の光などなど。
宇宙戦艦ヤマトなど元ネタを知らないものは一部読んでないものもあります。でも、大満足。
科学の入り口としても、普通に読み物としてもとても楽しい一冊で、息子は早くも2巻を読みたがっています。
参考になりました。 0人

1649件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

「誰もが誰かの大切な人」米国で人気のシリーズ第一弾

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット