話題
ぼく、いいたい ことが あるの

ぼく、いいたい ことが あるの(評論社)

やっと言えた「さようなら」…心を揺さぶる絵本。

  • 泣ける
  • ギフト
  • ためしよみ
新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

100ぴきかぞく

100ぴきかぞく

  • 絵本
作: 古沢たつお
出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2022年11月04日
ISBN: 9784477034287

出版社のおすすめ年齢:3・4・5歳〜
257mm×217mm 32ページ

この作品が含まれるテーマ

関連するスペシャルコンテンツ


【結果発表】2023年まずは読みたいこの絵本・児童書16選 レビューコンテスト!

みどころ

「どのページをひらいても 100ぴきのかぞくがいます」
まるで挑戦状ようなメッセージは、作者の古沢たつおさんからのもの。それならと、絵本を開く前に「表紙と裏表紙のねこを数えてみてやろう」と、一生懸命ねこの数を数えたら……確かに全部で100匹でした!

どの子を数えてどの子を数えてないかがわからなくなって、何度か数え直しちゃうかもしれませんが。
そうしているうちに1匹1匹に目が行くので、お気に入りの子がきっと見つかりますよ。

100匹の家族のうち、2匹はお母さんとお父さん、あとは子どもたちです。
子どもが98匹もいると、何をするにも大騒ぎ。
ちゃんとやる子、やらない子、全然違うことを始めてしまう子。もう常にわっちゃわちゃ。

ふと、息子(小1)の担任の先生が言っていた言葉が思い出されます。「プリントに名前1つ書かせるにも、35人いたら一大イベントなんです」と。
そのときはなんとなく想像するだけでしたが、『100ぴきかぞく』のねこたちの様子を見て、「あ、こういうことね」と納得。大人からしたら大変だけど、子どもたちはワイワイガヤガヤうれしそうで、いっぱいいるって楽しいなあと思うのでした。

(近野明日花  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

100ぴきのねこのかぞくが、今日はみんなでおでかけ。ごはんを食べたり、でんしゃに乗ったり。この子は何をしているのかな?1匹いっぴき違った個性をもつ猫たち。ページをめくるたびにわくわくドキドキする可愛い絵本です。

100ぴきかぞく

100ぴきかぞく

100ぴきかぞく

ベストレビュー

ねこさんたくさん!

どのページにもねこの家族がたくさん!
お話自体は長くなさありませんが、ページごとに○○をしている子はどこかな?のようなたくさんのねこの中から探す要素があります。
とにかく、ねこさんがたくさんなので探しがいがあります。
前のページに、出ていたねこさん今度はこれをしているよ!など見比べて楽しんでいる姿もありました。
(カラフルポテトさん 30代・ママ 女の子11歳、男の子5歳)

関連記事

出版社おすすめ




編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

100ぴきかぞく

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.73

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら