虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!

どくだみ茶さんの公開ページ

どくだみ茶さんのプロフィール

ママ・40代・秋田県、女の子17歳

どくだみ茶さんの声

3353件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 大切なともだち  投稿日:2018/10/11
ちいさなエリオット ひとりじゃないよ
ちいさなエリオット ひとりじゃないよ 作: マイク・クラトウ
訳: 福本 友美子

出版社: マイクロマガジン社
 なかよしのネズミくんは、しんせきの集まりにでかけました。町を歩けば、家族連れや友達と遊ぶ人たちが、目に入ります。
 誰もいない映画館に、ひとりぼっちのエリオットが、せつなかったです、、、。
 でもたったひとりでも、自分をわかってくれる大切な友達がいてくれると、もうさみしくありませんね。

 エリオットの家のかべ一面にかざられた写真、たくさんの友達ができましたね、、。おちついたやさしい色合いで描かれた絵とお話に、ほっこりしました
参考になりました。 1人

ふつうだと思う みんな おやすみなさい  投稿日:2018/10/04
おばけとおやすみ
おばけとおやすみ 作: 新井 洋行
出版社: くもん出版
 おばけのおばあさんの家では、ネコも木も、家も、みんな「おやすみなさい」です。おばけの子どもたちが眠っている場面が、ほほえましいですね。
 カラフルだけど、おちついた感じの色合いで描かれた絵は、寝る前にもぴったりですね。笑顔がカワイイおばけたちに、ほっこりしました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ルルのペースで  投稿日:2018/09/22
いっしょにのぼろう
いっしょにのぼろう 作: マリアンヌ・デュブク
訳: 坂田雪子

出版社: TAC出版
 おばあさんは、山の生きものたち、みんなが友達なんですね、、、
 興味津々のルル、いろいろ観察をしながら、おばあさんとルルのペースで、やまのぼりをしているのがいいなと思ました。
 山のてっぺんの場面は、読んでいる私も、深呼吸したくなりました。

 やさしい色合いで描かれた絵と、ゆったり、しみじみしたお話がよかったです。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 大きな大きなぼふーん  投稿日:2018/09/11
そらから ぼふ〜ん
そらから ぼふ〜ん 作: 高畠 那生
出版社: くもん出版
「ぼふーん」というひびきと、おどろいた表情の表紙から、おもしろかったです。
 どうして空から、大きな大きなホットケーキがおちてくるのか、、、びっくり笑ってしまいます。ホットケーキにはさまれるのは、きもちよさそう、、、。

まきストーブで焼いたホットケーキ、小さくてもおいしそうですね。甘いにおいがしてきそうな絵本でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おばけ野菜たち  投稿日:2018/08/21
おばけばたけ
おばけばたけ 作: 林 なつこ
出版社: マイクロマガジン社
 「おばけばたけ」という」ひびきが、おもしろいなと思いました。
 おばけばたけの野菜たち、迫力があります。野菜たちの表情が、いきいきしています。
 そんな野菜たちをぜんぜんこわがらない男の子の正体に、びっくり笑ってしまいました。こわくて楽しいお話と絵が、夏にぴったり。

 おいしそうな夏野菜のカレーとスイカ、たべたくなりますね。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 小さくても  投稿日:2018/08/15
ちいさなエリオット おおきなまちで
ちいさなエリオット おおきなまちで 作: マイク・クラトウ
訳: 福本 友美子

出版社: マイクロマガジン社
ほっこりした色合いで描かれた、レトロな感じの絵が、いいですね。
かわいい水玉模様のちいさなエリオットと、もっとちいさなネズミくん、ちいさくたって協力しあうと、いろんことができます。
仲良くカップケーキを食べている場面が、ほほえましいなと思いました。

ほんわかしみじみする絵とお話、おとなにもおすすめの絵本ですね
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 東京のまち  投稿日:2018/08/05
シティーズ とうきょう
シティーズ とうきょう 作: IC4DESIGN
出版社: 昭文社
 東京に行くたびに、にぎやかさにびっくりします。
 こまかくカラフルに、ていねいに描かれた東京のまちがたのしいです。とてもカラフルなのに、おしゃれで、わかりやすい地図になっています。それぞれのまちの雰囲気のちがいが、よくわかりますね。
 いろいろ探しながら、東京であんそんでいるような気持ちになってきます。
 行ったことがある場所や、知っているビルなど、自分だけの楽しみ方もできますね。
 
 海外の子どもたちにも、たのしく東京を知ってもらうガイドブックになりそうです
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う かいじゅうの正体は、、、  投稿日:2018/07/24
ニャンコどこいった?
ニャンコどこいった? 作・絵: よこただいすけ
出版社: 少年写真新聞社
 いきいきと、おおらかに描かれた絵が、たのしいなと思いました。
 ネコの目線でみると、人間の子どもって、こんなふうにみえるのかな、、、

 ニャンコとニャートンプーの、おいかけっこがほほえましいですね。
 恐竜の着ぐるみをきた「かいじゅう  ニャートンプー」、元気いっぱいでいいですね。ニャンコの表情も、おもしろいです。

 子どもはもちろん、ネコ好きの大人がみても、ほっこりする絵本ですね。あたたかい色あいがよかったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい はたらくくるまのお仕事  投稿日:2018/07/18
はたらくくるまとまちをつくろう!
はたらくくるまとまちをつくろう! 作: のぐちたけし ふくしまやすこ かわうそぶちょう
発行: まる出版

出版社: サンクチュアリ・パブリッシング
 「はたらくくるま」が、じっさいに働いている現場は、立ち入り禁止のところが多くて、なかなか見ることができないですよね。大人のわたしでも、どんな仕事をしているのか、興味がわきます。

 いろいろな、はたらくくるまの特徴がよくわかります。どのくるまも、すごいですね。
 それぞれのくるまの動きが、細かいところまでていねいに描かれています。

 はたらくくるまが、どんなふうに街をつくっていくのか、しかけをめくりながら楽しく知ることができました。

 
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい にんじゃ好きの子にぴったり  投稿日:2018/06/23
にんじゃなんにんじゃ
にんじゃなんにんじゃ 作・絵: 中垣 ゆたか
監修: 山田 雄司

出版社: 赤ちゃんとママ社
 すみずみまで楽しく描かれた、にんじゃたち、じっくりさがしだすのが、おもしろいですね。
 にんじゃ探しをしながら、にんじゃのなぞも、いろいろ知ることができるのも楽しいです。「くのいち」が実は、いなかったなんて、びっくり。

 にんじゃ探しと、にんじゃ図鑑が 交互になっているところがいいなと思いました。
 にんじゃ好きの子どもも、大人も楽しめる絵本でした

参考になりました。 0人

3353件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

おやすみ前にぴったりの絵本!本をなでたり、ゆらしたり♪

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • おやさいどうぞ
    おやさいどうぞ
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★大人気しかけ絵本第2弾・テーマは野菜★おやさいの皮をむいて切って・・・「はいどうぞ」!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット