オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
イヨイヨさん 30代・ママ

買わずにおられなかった、オオイシさん
ワタナベさんでハマって、もう本棚いっぱ…

あさみーこさんの公開ページ

あさみーこさんのプロフィール

その他の方・50代・福井県

あさみーこさんの声

61件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい とうちゃん、カッコいい!  投稿日:2019/02/11
ゴリラのくつや
ゴリラのくつや 作: 谷口 智則
出版社: あかね書房
ゴリラのくつやのとうちゃんと、とうちゃんの仕事をする姿を見つめる息子。お客さんの要望に、誠実に応え、お客さんを大満足させてくれるとうちゃん。そんなとうちゃんが、息子の願いに応えて、とびきり素敵なくつを作ってくれます。
いいなぁ。ほんとに理想的なとうちゃん。黙って背中で生きざまをみせる。愛情たっぷりに子どもの気持ちに応える。なんて素敵なとうちゃん!とうちゃんの足は素足。深いなー。
大人はみんなこうあるべきと教えてもらえる絵本だと思います。温かくて大好きな一冊になりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ありがとう、ジュリア。  投稿日:2019/02/10
わたしを わすれないで
わたしを わすれないで 著: ナンシー・ヴァン・ラーン
イラスト: ステファニー・グラエギン
翻訳: 角野 栄子

出版社: マイクロマガジン社
介護が必要となった母の姿と重なり、複雑な気持ちで読み始めました。
人が老いていくということ。今まで当たり前にできていたことができなくなり、大切な思い出さえ忘れていく…。その姿を見ているのは、とても辛くてせつないです。時には、思うように身体が動かせなくて、辛い思いをしているであろう母に、感情的になってしまうこともしばしば…。そんな日常に、この絵本は、光を射してくれたように感じました。大切なことは、寄り添うこと。温かな思い出を頼りに、喜んでくれそうなことを探すこと。優しいジュリアの姿に、忘れていたそんな大切なことを教えてもらいました。
忘れなぐさ。可憐なその花に、ジュリアの笑顔がちりばめられているようです。きっとその想いは、おばあちゃんにしっかりと届いているはず。おばあちゃんの優しさが、そのままジュリアに受け継がれているのでしょうね。「ありがとう、ジュリア。」きっとジュリアにも、そんなおばあちゃんの優しい声が届いていることでしょう。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい かわらない大切なもの  投稿日:2019/02/10
そらはあおくて
そらはあおくて 文: シャーロット・ゾロトウ
訳: なかがわ ちひろ
絵: 杉浦 さやか

出版社: あすなろ書房
そらはあおくて くさはみどり…。大切なものはいつの時代もずっと変わらない。これからもずっと、そうであってほしいと心から願います。
私も、母のアルバムを見るのが好きでした。娘とも私の昔のアルバムを見ながら、一緒にいろんな話をしたことがあります。そうやって受け継がれていく家族の絆。幸せなことです。
杉浦さやかさんの、とても可愛らしいイラストと、なかがわちひろさんのリズミカルな言葉がとても心地良く、空の青さにともなって、心晴れやかになる素敵な絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 心の原風景  投稿日:2019/02/02
ちいさなエリオット たまにはとおくへ
ちいさなエリオット たまにはとおくへ 著: マイク・クラトウ
翻訳: 福本 友美子

出版社: マイクロマガジン社
前回は、華やかな花火に彩られた、賑やかな遊園地を楽しんだエリオットとねずみくん。今度は柔らかな秋の日差しに包まれた静かな場所へ…。何処に行っても何をしていても、2人の絆が伝わってきて、心がぽかぽか温まります。大好きなエリオットシリーズ第4弾。期待を裏切らない、エリオットとねずみくんの、思いやり溢れた素敵なお話です。パッと視界がひらけ、一面に広がる秋の風景。穏やかで暖かな秋の装いが、エリオットとねずみくんの心を表しているようです。
かくれんぼ、アップルパイ、新しい友達…。友達と原っぱで、かくれんぼやおにごっこやぞうり隠しをして遊んでいた子どもの頃を、思い出してしまいました。何処からともなく「入れて」って遊び仲間が増えていき、日が暮れるまでみんなで外で遊んでいたなあ。遊び疲れて家に帰ると、母の用意してくれたおやつがあって…。懐かしいなぁ。エリオットとねずみくんが、忘れていたあの頃を思い出させてくれて、胸いっぱいに幸せが広がっていきました。
新しい場所へ行くことで、世界が広がることもあれば、昔を顧みることで、幸せが広がることもあるんですね。子どもたちがみんな、そんな幸せな子ども時代を過ごせたらいいなあ。
昔みたいに、外遊びもままならない時代に生きている子どもたちにとって、このエリオットシリーズが、心の原風景となってくれたらどんなに素敵だろうと思います。親子で楽しんでほしいとっても素敵な一冊です。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい あのねあのねが聞ける幸せ  投稿日:2019/01/20
あのね あのね
あのね あのね 作: えがしら みちこ
出版社: あかね書房
「懐かしいなぁ。」表紙を見て思わず呟いてしまいました。
子どもが幼稚園に通っていた頃の我が家と同じ。
私も子どもを自転車に乗せて幼稚園まで送迎していましたが、その道中、いつも、あのねあのね攻撃を受けていました(笑)そうそう、会話がクイズになっちゃうんですよね!楽しかったなぁー。
えがしらさんの描かれる、ママとぼくの笑顔が、幸せいっぱいでとっても素敵!表紙を眺めているだけで、ほんわか温かい気持ちになります。
幾つになっても子どもの笑顔は、パパとママに幸せいっぱい運んでくれますね。
もっとこうしてあげれば良かった、もっと優しくできたのに…。反省ばかりの子育てでしたが、この絵本を読むと、あのね攻撃をきちんと受け止めて、子どもの成長に目を細めながら、日々を丁寧に紡いできたことが、何にも勝ることだったかなと、自分を肯定できた気がします。
今、子育て真っ最中のパパとママも、この絵本を読んで、楽しみながら、子育てできたらいいですね!
今日もあちこちから聞こえてきますよ。あのねあのねって可愛い声が…。嬉しいことです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 冬の日の恋物語♪  投稿日:2019/01/20
キツネのはじめてのふゆ
キツネのはじめてのふゆ 作: マリオン・デーン・バウアー
絵: リチャード・ジョーンズ
訳: 横山 和江

出版社: 鈴木出版
なんて透明感のある綺麗な絵でしょう!
可愛い若キツネの表情に引き込まれてページをめくると、そこには本当に綺麗な冬景色が広がっています。こんな絵を見ると、ただ寒くて嫌だなーと思う冬の一日も、キラキラと輝いてくる気がします。
いろんな動物や鳥に出会い、冬越の仕方を尋ねる、あどけなくて可愛い若キツネ。そして、自分との違いを感じて、自分をみつめて考え、知らずしらずのうちに成長していく若キツネ。最後、素敵な彼女と出会って一緒に踊る若キツネの姿は、喜びと自信に溢れているように思えます。ロマンティックで微笑ましい素敵な一冊です。
寒い冬の一日も、とびきり素敵なこんな絵本をじっくり味わえば、心ぽかぽか温かくなりますね!
参考になりました。 3人

自信を持っておすすめしたい 心に沁みこむメッセージ  投稿日:2019/01/19
いつか あなたが おおきくなったら
いつか あなたが おおきくなったら 著者: エミリー・ウィンフィールド・マーティン
訳: なかがわ ちひろ

出版社: サンマーク出版
優しい絵と希望にあふれた温かなメッセージが、心に沁み込んできます。
笑ったり泣いたり、いろいろなことを共に経験しながら、かけがえのない家族になっていく。
子どもたちが小さな頃も、大人になった今も、願いはただ一つ。幸せになりますように…。
今日も笑っていますか?楽しい一日でしたか?なりたい自分になれましたか?あなたを生きていますか?
面と向かっては照れくさくて言葉にできないその想いを、この絵本は見事にストレートに届けてくれます。
遠くで一人で頑張っている娘へのバースデープレゼントにしたいな・・・と思いました。
いろいろな立場の人が読んでも、きっとそれぞれに、心揺さぶられる素敵な絵本だと思います。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい パパ大好き!  投稿日:2019/01/17
パパといっしょ
パパといっしょ 文・絵: スーシー
訳: 高橋久美子

出版社: トゥーヴァージンズ
大きくって優しそうなパパ。パパと一緒にいるのが一番幸せなんだなあって表紙を見ただけで伝わってきます。
読んでみたら本当に素敵な父娘。ちょっぴり哀愁漂うパパの後姿に、そっと寄り添ってあげている女の子の絵にキュンとしました。素敵だなぁ。
大きくて優しそうなパパの姿が、うちのパパにも似ていて、娘たちの小さかった頃を思い出してしまいます。
子育ての最中は、思い通りにならないことばかり。私がガミガミ怒ってばかりでも、子どもたちが笑顔いっぱいで過ごせたのは、おおらかで頼もしいパパがいたから。パパは美味しいとこ取りだよね?ってよく思ってましたが(笑)
地震雷火事親父と言われますが、子育て中は優しいママでいられる時間って少ないのかもしれない。だから、こんなパパがそばにいてくれると、子どもたちは幸せと思います。大きくなってもずっと、仲良し父娘。いいですよね!嫁ぐ時は大変かもしれないですが…(笑)
ずっと眺めていたくなる、ほっこり温かい素敵な絵本です!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 可愛く夢のあるお話し  投稿日:2019/01/09
ムム
ムム 文・絵: みとなつめ
出版社: アソビシステム
絵も可愛く、夢のあるお話でした。
女のこは本当にぬいぐるみが好きですよね。娘も、いつもぬいぐるみを抱えて寝ていたなあと思いだして、温かな気持ちになりました。
地球の子に愛されるようにと送りだす、お母さんクマの言葉がとてもよかったな。
ムムって名前を付けられて大切にしてくれること出会えてよかったね。
小さな子がこの絵本を読むと、ぬいぐるみさんの気持ちを考えて、自分の持っているぬいぐるみを大切にするんじゃないかなと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 幸せ運ぶ素敵な絵本  投稿日:2019/01/02
ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん 監修: 公文教育研究会
出版社: くもん出版
柔らかくて温かくて可愛らしい絵。表紙を見ているだけで、メロディーが溢れてきて、口ずさみたくなってきます。中を開ければ、ほらっ!どこかで聞いたことがある歌がいっぱい!私たちにとっては懐かしく、赤ちゃんにとっては、母さんの匂いがする…そんな素敵な絵本です。
子ども達を寝かす時にいつも口ずさんでいたゆりかごのうた。歌詞がうろ覚えで、ずっと、カナリヤがうたうよ?♪ばかり繰り返していたのを思い出しました笑。あの頃この絵本があったら、いろんな歌をいっぱい歌ってあげられたのになー。カセットテープばかりかけなくて、肉声で届けてあげられたのになー。そして何よりこの絵本は、楽譜や手遊びが書いてあるんです!こんな絵本が側にあれば、お母さんと赤ちゃんの1日は幸せいっぱい!そして、大きくなった時に、温かなぬくもりが歌と共に思い出されて、また幸せな気持ちになれると思います。全てのお母さんに、この絵本を届けてあげたいなあ。娘がママになった時、1番にプレゼントしようと思います。素敵な絵本を出版してくださりありがとうございます!
参考になりました。 1人

61件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

幼児期から英語を始めたい方へ、ネイティブスピーカーによるCD付

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット