新刊
PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦

PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦(フレーベル館)

大人気の『PUI PUI モルカー』ストーリーブック第3巻!

話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

TOP500

じゃす

ママ・30代・埼玉県、女の子5歳

  • Line

じゃすさんの声

147件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい ねこの家族になるまで  投稿日:2021/12/07
うちのねこ
うちのねこ 作: 高橋 和枝
出版社: アリス館
野良猫の中には人懐っこい子もいるけれど、警戒心の強い子もいる。私のような猫初心者が普段触れ合うのは人懐っこい子たちなので忘れがちだけれど、野良の生き物というのは大体人間とは関わらない世界で生きている。そんな違う世界からやってきたねこの家族に主人公がなるまでのお話。
一貫して愛を注ぐ主人公の姿に、心打たれるお話でした。ラストがまたよかったです。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい たのしい!かわいい!  投稿日:2021/12/07
こすってあそべる!ポケモンはみがき
こすってあそべる!ポケモンはみがき 作: とづか みほ
絵: カナヘイ
監修: 日本歯科医師会

出版社: 小学館
実際の本を見て最初の娘の感想が、「可愛いー!」でした。とっても可愛い本で幼児受け抜群です。さらに擦ると色が変わる仕組みも面白くて、この本を繰り返し読むと楽しんで歯磨きしてくれそうです。
何より親がポケモン世代なのでテンション上がりました。親子2代で好きっていいなぁ…と感じました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい リズミカルな本  投稿日:2021/12/07
めんめんレース
めんめんレース 作: 五味 ヒロミ
絵: くわざわ ゆうこ

出版社: ほるぷ出版
夜寝る前に子どもが選んだので読み聞かせたのですが、オノマトペが面白すぎて爆笑していました。寝る前の読み聞かせには、子どものテンションが上がって合わないかも?!でも1日を笑顔で終わるにはいいかなと感じました。
もちろん最後にも、えー!?!と驚きの声。確かにスタートにいたけれど気づかなかった!と盛り上がりました。
子どもは麺が好きではないのですが、この本を見て「明日は麺にしようかな?」と言っていたので、思わぬ効果がありました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ちょっとドキドキな芋掘り  投稿日:2021/12/07
ようかいむらのざくざくいもほり
ようかいむらのざくざくいもほり 作・絵: たかい よしかず
出版社: 国土社
ちょうど芋掘りに行った後、子どもと読みました。
芋掘りをテーマにした本をいろいろ読んでいたのですが、こちらはなんとようかいたちが主人公。
ようかいむらシリーズは初めてで、子どもはちょっとドキドキなのはどうかな?と思ったのですが、意外と妖怪を楽しんでいました。私も知らない妖怪が沢山出てきて興味深かったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 物事は一面だけじゃない  投稿日:2021/12/07
ゆめぎんこう ちいさなおきゃくさま
ゆめぎんこう ちいさなおきゃくさま 作: コンドウ アキ
出版社: 白泉社
絵もお話も可愛いゆめぎんこうシリーズ。今回のお客さまは悪い夢ばかり見るから眠れないみたい。ぺんぺんともぐもぐも実は怖い夢は苦手…だけれど、おじいさんの言葉を思い出して、お客さまの夢を買い取る決心をします。
苦手なものでもやってみよう、と勇気を出すぺんぺんたちの前向きな姿勢、その後押しをするおじいちゃんの言葉が素敵です。夢に限らず、日常でもちょっと苦手かも…でも勇気を出して誰かに手を差し伸べるために一歩を踏み出したいときはありますよね。そんな時に背中を押してくれる本です。
また、お客さまの夢も悪夢ばかりではなく、何か一面だけを見ると悪いところばかりが目につくけれど、実はそれだけじゃないということを優しく教えてくれると感じました。
結末までとても優しくて可愛い本です。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 子どもたちが好きなアニメの原作?  投稿日:2021/12/07
せかいは ふしぎで できている!
せかいは ふしぎで できている! 作: アンドレア・ベイティー
絵: デイヴィッド・ロバーツ
訳: かとう りつこ

出版社: 絵本塾出版
同じタイトルのアニメがあります。少し大きくなったエルダが友人2人と色々な問題について考え、工夫や発明をして解決していくアニメで子どもたちが大好きです。
エルダの小さな頃が知れる!とワクワクして読みました。話しても話さなくても子どもはいろいろなことを吸収し、思考し、工夫して解決したり、実験して確認したり、なぜなぜ??と好奇心の塊で世界と向き合ったり…そんな贅沢な時間の使い方が最近できているかな、と親としての自分を振り返りました。
参考になりました。 1人

ふつうだと思う バイキンマンらしい本  投稿日:2021/10/04
いたずら ばいきんまん
いたずら ばいきんまん 原作: やなせ たかし
作画: トムス・エンタテインメント

出版社: フレーベル館
指人形が本についています。指の先にバイキンマンの顔だけがつく形なので、どうなのだろう…と思うのですが、子どもウケは良いです。
バイキンマンらしくいたずらな1日なのですが、個人的に真似しやすい歳にバイキンマンのいたずらっぷりはどうなんだろう…と思い評価を下げました。バイキンマン大好きな子なら喜ぶと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 指人形がシュール  投稿日:2021/10/04
わがまま ドキンちゃん
わがまま ドキンちゃん 絵: トムス・エンタテインメント
原作: やなせ たかし

出版社: フレーベル館
最初子どもが読みたいと持ってきた時、あまりに指人形がシュールで指…人形…?となりました。人差し指の先にドキンちゃんの顔がついているような状態になります。
たいして動かないからどうかな?と思ったのですが、子どもは全く気にしていませんでした。ストーリーとしては特に目を引くものはない、普段のドキンちゃんの1日、と言う感じなのですが、指人形という目新しさが子供は気に入ったようです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う サイズが良い  投稿日:2021/09/28
ミニミニ ドキンちゃん
ミニミニ ドキンちゃん 絵: トムス・エンタテインメント
原作: やなせ たかし

出版社: フレーベル館
まず何よりサイズが良いです。家庭用ではなく持ち運び用に特化した本だろうなという印象です。しっかりしたボードブックだし、大人の手に入るくらいのサイズです。持ち運びに◎。

ストーリーとしてもしょくぱんまんも出てくるし、ドキンちゃん好きな子は楽しめると思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う お出かけに良いサイズ  投稿日:2021/09/28
ミニミニ ばいきんまん
ミニミニ ばいきんまん 絵: トムス・エンタテインメント
原作: やなせ たかし

出版社: フレーベル館
やはりこのシリーズの特記すべき特徴は大きさだと思います。大人の手の中に入るかな?くらいで持ち運びやすいサイズです。ボードブックでしっかりしており、小さい子とお出かけする時にも最適な本だと思います。

内容としては良くありそうな感じなので、アンパンマン好きなお子さんなら楽しめると思います。
参考になりました。 0人

147件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

2022年5月の新刊&おすすめ絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • やきいもの日
    やきいもの日
    作・絵:村上 康成 出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
    秋のにおいが鼻の奥いっぱいに広がる、〈ようこそ自然へ〉シリーズ、秋の本。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット