話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

じゃすさんの公開ページ

じゃすさんのプロフィール

ママ・30代・埼玉県、女の子3歳

じゃすさんの声

104件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 困りごとを受け入れる力、乗り越える力  投稿日:2021/03/17
はらすきー
はらすきー 作: あきやま ただし
出版社: 講談社
ケンの優しさと思慮深さに感動しました。はらすきーがしたことは野良犬として生きるケンたちにとっては言葉通り死活問題。だけれど、はらすきー自身が1番困っていることを見抜いて寄り添おうとしたケンは、本当に素敵だなと感じました。
そして己の性質とうまく付き合うという意味で乗り越えたはらすきーもすごいなと感じました。
多様性や相手の性質を受け入れること、自分の性質とうまく付き合うこと、そういうことを学べる本だと感じました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 思わずにっこり  投稿日:2021/03/17
カシャッ!
カシャッ! 作: 北村 人
出版社: ポプラ社
カシャっとすると次のページでバナナさんたちがいいお顔を見せてくれる本です。いないいないばぁ形式なので、小さい子から楽しめる本です。
うちの1歳の子は興味を示さず、3歳の子と読みました。特に気に入ったのは食べ物としても大好きなバナナのようで、一緒にいいお顔をしていました。それぞれのお顔にアテレコして楽しんだりできて、広い年齢で楽しめそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 卒園する時に親も読みたい本  投稿日:2021/03/17
おめでとうかいぎ
おめでとうかいぎ 著者: 浜田 桂子
出版社: 理論社
3歳の子と読みました。
卒園式の日、生まれてから今までの思い出の品たちが開いてくれたおめでとう会議。最後にはこれからお世話になる皆が出てきて引き継ぎをします。
つい娘の小さい頃のお洋服やスプーンたちと重ねて読んでしまい、懐かしいような寂しいような、それでいてあたたかい気持ちになりました。まだまだ卒園どころか入園までも先ですが、卒園の時には娘と息子と、そして親である夫とも読みたい本です。
参考になりました。 2人

なかなかよいと思う 表紙の裏が好き  投稿日:2021/03/17
おたすけこびととおべんとう
おたすけこびととおべんとう 作: なかがわ ちひろ
絵: コヨセ・ジュンジ

出版社: 徳間書店
最初に手に取って子どもたちが気に入ったのは、表紙の裏!いろんなお弁当が描かれていて、一通りこれは誰のかなー、あ!これは私の!と楽しんでいました。お弁当を届けるこびとさんたちのプチ冒険という内容も気に入ったようです。乗り物が色々出てくるのも嬉しい誤算で、とても楽しんで読みました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ビッグホーンの昔話!  投稿日:2021/03/17
恐竜トリケラトプス はじめてのたたかい
恐竜トリケラトプス はじめてのたたかい 作・絵: 黒川 みつひろ
出版社: 小峰書店
恐竜が好きな子ならきっとハマるシリーズです。このシリーズは娘が大好きなのですが、近隣の図書館にはこの本はなかったので初めて読みました。ビッグホーンにこんな過去があったなんて…!と今まで以上にシリーズが楽しめそうです。

ビッグホーンの仲間や想う気持ちや勇気のある行動にこちらまで胸が熱くなるお話でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい まさに春が近づいてきた今読みたい本  投稿日:2021/03/17
おねぼうさんはだあれ?
おねぼうさんはだあれ? 作: 片山 令子
絵: あずみ虫

出版社: 学研
表紙が可愛くて、さらにタイトルがおねぼうさんなんて可愛くて、娘がこれ読みたい!と選びました。
ミミナちゃんがたくさんのお友達を起こしに行くのですが、娘も「クマさんは冬眠しているんだね」「このお花は春に咲くの?」と楽しむと同時に、動物の冬眠と目覚め、春の植物に興味を持ってくれていました。季節に興味を持つきっかけとしても素敵な本だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 時には斜めに世界を見たい  投稿日:2021/03/17
ななめねこ まちをゆく
ななめねこ まちをゆく 作: ジェイソン・カーター・イートン
イラスト: ガス・ゴードン
訳: 小手鞠 るい

出版社: マイクロマガジン社
ななめねこの真似をしてななめに世界を見てみた人たちが、小さなしあわせや気づきを得ていくお話です。
何気ない毎日でも普段と見方を変えてみたら、ちょっとした新発見や見落としていたしあわせに気づくのかもしれません。ちょっと角度を変えてみたら、世界は違うものになったりして。
毎日慌ただしいけれど、ちょっと立ち止まって、ななめねこみたいに世界をななめに見る心の余裕を持ちたいなと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う まさに赤ちゃん釘付け!  投稿日:2021/03/17
あかちゃんごきげん しゃかしゃか
あかちゃんごきげん しゃかしゃか 作・絵: 新井 洋行
監修: 山口 真美

出版社: くもん出版
シャカシャカという音に1歳の子も3歳の子も走ってやってきました。やはり音の持つ力はすごいです。
イラストも子どもたちの目を引く明るくはっきりとした色合いで、絶対0歳の時でも釘付けだっただろうなと思いました。お出かけにも良いサイズ感で、音を出しても良い自家用車の中などでも活躍できそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい うまれてきてくれてありがとう。  投稿日:2021/03/17
うまれてきてくれてありがとう
うまれてきてくれてありがとう 作: にしもとよう
絵: 黒井 健

出版社: 童心社
私が子どもたちが生まれてきた時に最初にかけた言葉、それが「うまれてきてくれてありがとう」です。この本はその言葉がそのままタイトル!と言うことで興味を持っていました。

子育てをしていると、ついもっとこうなってほしい、ああなってほしい、と、お腹にやってきてくれた時の感動、生まれてくれた時の感動やこのシンプルな気持ちをふと忘れてしまうことがあるなと反省しました。そして子どもの方も、ママやパパに会いたかったんだって思ってもらえるような親になりたいなって改めて思いました。そんな子育ての原点にかえれる本です。

もう少し大きくなったら子どもたちとも読みたい本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 気持ちを考える練習、伝える練習に  投稿日:2021/03/17
どんなきもち?
どんなきもち? 作: たかい よしかず
出版社: 大日本図書
◯◯になったらどんな気持ち?◯◯のときはどんな気持ち?と質問に答えていく絵本です。最後にワークもついていて、相手の立場に立って考える練習や自分の気持ちを人に伝える練習になる本です。3歳の子と読みましたが、回答の年齢による変化を見るのも楽しそうです。
参考になりました。 0人

104件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

「Z会グレードアップ カードとえほん」監修首藤久義さんインタビュー

出版社おすすめ

  • いちねんせいのいちにち
    いちねんせいのいちにちの試し読みができます!
    いちねんせいのいちにち
    作:おか しゅうぞう 絵:ふじた ひおこ 出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    小学校でどんなところ?どんなことするの? 新一年生とご家族のドキドキや不安に寄り添う、ガイド絵本。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット