こけこけコケコッコー こけこけコケコッコー こけこけコケコッコーの試し読みができます!
作・絵: にしはら みのり  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
『いもむしれっしゃ』のにしはらみのりが描く、じっくり楽しむ苔絵本! 

ちきゅうの子どもたち」 みんなの声

ちきゅうの子どもたち 絵:アンネゲルト・フックスフーバー
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,204+税
発行日:1990年03月
ISBN:9784593502431
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,564
みんなの声 総数 2
「ちきゅうの子どもたち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 20年前にかかれた環境問題絵本

    環境問題に対しての問題提起。
    この絵本が20年前に書かれたことに驚きを感じます。
    繁栄を目指して、大人たちは石油や石炭をエネルギーに変え、鉄をつかって工業化を進め、原子炉まで作って地球環境を破壊していきます。
    空は汚れ、地面はコンクリートで被われ、地球が苦しくてたまりません。
    大人たちに助けを求めても相手にされない地球は子どもたちに救いを求めます。
    どうか、子どもたちにとって安心できる地球を取り戻して欲しい。
    子どもたちの言葉に大人は耳を貸しません。
    大人たちが地球に投げつける「子どもたちは、子どもたちでなんとかするさ」と言う言葉。

    あまり書くと、大人が悪者になってしまいますが、大人たちが良かれと思ってやってきたことが環境破壊なんて、その歴史の中にいる自分にとって、善悪がひっくりかえっていくようで複雑な思い。

    地球は、子どもたちを自分の中に導きいれて、荒廃していく社会から包み込みます。
    大人たちは、探し回り、悲しみ、活動を止めてしまう。
    そうすると、自然が戻ってきて、自分たちの過ちに気づくのです。
    最後に、風力発電や、ソーラー発電が出てきます。
    絵本の中で、大人たちは地球環境に理解を示します。
    それが救い。

    何よりも20年前に、現在を予測したかのような絵本。予測して書かれた絵本だからか絵は辛辣です。
    ストーリーも少し固いかも知れません。
    しかし、なにより現在に通じるし、これほど環境を考えさせてくれる本はないとおもうのです。
    入手が難しいらしいのが残念です。

    掲載日:2009/10/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 環境破壊を考える本

    友人が、訳者・さかよりしんいちで検索をかけていたら出てきた本として紹介してくれました。

    チャルノブイリ以上の原発事故が起きたらという近未来小説『見えない雲』を描いたグードルン・パウゼヴァングが作者でもあるのです。

    パウゼヴァングは小学校教師のかたわら創作活動をしているということです。

    「わたしたちは、原子力になれているから、まちがいなんて、おこるわけがない。ちゃんとやるから」

    「やだよ、とうさんたちのつくって未来なんて、まっぴらだよ。年じゅうびくびくしてなくちゃいけない未来なんて」

    というのは、この絵本に出てくる大人と子どものとのやりとりです。息子がこの絵本を読み聞かせしくれたのですが、子どもの言葉を借りて、地球の悲鳴を代弁しているかのような話でもありました。

    内容を少し説明すると、地球に負荷をかけすぎた結果、地球が悲鳴をあげ、聞く耳を持たない大人ではなくて、子どもたちに今の生活のあり方を訴えるのです。

    福島原発事故後、今の便利な生活のあり方、本当に安全なエネルギー、地球に負荷をかけない生き方を模索し始めた方も多いと思います。

    未だ収束の目途も立たない原発の事故。放射能に怯える生活。原子力発電で出た廃棄物を捨てる場所さえ確保されておらず、トイレのないマンションとも呼ばれる原子力発電。

    今の現状とこの絵本の訴えるメッセージが私たちに問いかけるものは非常に大きいと言えます。

    子どもが大人になる時代に、負の遺産を残さないように、今大人である私たちが賢明に考えて行動していかなくてはと思うのです。

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ねこのさら
    ねこのさらの試し読みができます!
    ねこのさら
     出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
    この夏、らくご絵本を読んでみよう!あれっ、この皿はもしかして・・・


『ぺぱぷんたす』祖父江慎さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット