雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

明るく斬新なイラスト
賢治がずっと思っていたこと、こうありた…

黒ねこ亭とすてきな秘密」 みんなの声

黒ねこ亭とすてきな秘密 作:長井 理佳
絵:佐竹 美保
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2010年11月
ISBN:9784265057825
評価スコア 4
評価ランキング 22,256
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 黒ねこ亭の続編!猫のマシュも再登場。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    続編のこちらは、前回に比べて頃ねこさんが、まりちゃんの庭での相談役みたいな形でよく登場してくれました。
    今回は、まりちゃんが偶然、おばあちゃんから(まりちゃんへ)の手紙を見つけて、そのなぞなぞのような手紙から、庭の中の秘密の贈り物を探す。というのが、メインテーマになっています。

    そこへ、転校前に仲が良かったスーちゃんが、夏休みいっぱい遊びに来たり…。
    まりちゃんのおばさんでママの妹のハルちゃんが恋人をつれてきたり…。
    庭の不思議な仲間や出来事以外にもいろいろ起こります。
    いろいろ起こっているのに、物語の膨らみ方やストーリー展開に無理がなく読みやすかったです。

    中でも、前作にはあまりいい印象ではなかったぶち猫のマシュが、とても味のあるキャラで再登場します。
    また、前回も登場したもぐらの話の続きもあり、読み手にとってはなかなか楽しい作りになっています。

    お薦めの年齢は小学校の中学年くらいですが、日常の中のちょっとした不思議が好きなお子さんに特にお薦めしたい、素敵な物語です。

    掲載日:2011/01/17

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット