ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

100ねんめのゴリラ」 みんなの声

100ねんめのゴリラ 作・絵:宮本 忠夫
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,262+税
発行日:1992年
ISBN:9784938618469
評価スコア 3
評価ランキング 36,835
みんなの声 総数 2
「100ねんめのゴリラ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 檻の中ではこんな風に思ってるの?

    いきなり檻の中のゴリラになったとこからお話は始まります。突拍子もないお話です。
    動物園の動物ってこんな風に思ってるの?と衝撃をうけながら読み進めました。
    絵はあまり好みじゃないんですが、1度は読んでみてもいいかもしれません。

    掲載日:2014/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物園のゴリラはこんな風に思っている?

     「きょう ぼくは どうぶつえんの ゴリラに なっていた。」という突拍子もない始まりから、いつも観客に見られている苦悩が続くのです。
     動物園の檻の中がジャングルになるまでに要する時間が100年。
     きっと私がゴリラになったとしたら、同じように思うかも…。

    掲載日:2003/06/20

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット