ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

おしゃぶりがおまもり」 みんなの声

おしゃぶりがおまもり 作:ウーリー・オルレブ
絵:ジャッキー・グライヒ
訳:もたいなつう
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2003年8月25日
ISBN:9784061892354
評価スコア 3.8
評価ランキング 29,140
みんなの声 総数 4
「おしゃぶりがおまもり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 4歳でも大人でもおしゃぶりが大好き?

    うちはおしゃぶりは使わなかったけど、おっぱいは大好きです。卒乳してもママの胸を触ったりして寝ようとします。おしゃぶりから卒業できないのも分からなくもないな、、、、と思っていたら、4歳の主人公はともかく大人のおじさんがおしゃぶり好きって、、、、(笑)面白いです。でも、とうとう最後におしゃぶりをなくしたおじさんに自分のおしゃぶりをあげる主人公。これでやっと卒業、、、とお母さんの気持ちでニヤニヤしていたらおじさんのおしゃぶりが見つかってしまったので、結局卒業は先になりそう、、、と、お母さんと一緒にがっくりしちゃいました。でも面白かったです。

    掲載日:2011/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 挿絵のジャッキー・グライヒに会いました

    • ひろみきさん
    • 40代
    • パパ
    • 長野県
    • 女の子10歳、男の子8歳

    挿絵を描いているジャッキー・グライヒに、プラハ〜ウイーンの電車の中で会いました。子供と一緒、奥さんが作家のウーリー・オルレブだそうです。
    子供同士で折り紙をしたり、話をしたり、楽しかったです。
    その時、紹介されたのがこの本です。モデルがいるとか、、
    ちょっと、びっくりしたのが、本人が裸足だったこと。そのまま、電車を降りても、そのままでした。

    掲載日:2008/08/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 良いきっかけかな?

    ヨナタンは4歳なのにまだおしゃぶりが手放せないの!
    へんだよね〜
    子どもたちも「もう赤ちゃんじゃないんだから・・・」
    「ダメだよ!あかちゃんみた〜い!!」
    おしゃぶり=赤ちゃんってイメージ、やっぱり強いね。
    でもさ、ヨナタンにとってはそのおしゃぶりが、
    アメリカからやってきたおじさんの影響でかけがえのないお守りになるのです。

    誰にでも縁かつぎにしてるなにかがあると思いますが
    (ちなみにわたしのお守りは、高校受験の時の受験番号が書かれた札です!)
    それが思い出がいっぱい詰まった物だったとしたら
    更にすてきなお守りになるはずです。

    はじめは赤ちゃんみた〜い。だなんてヨナタンを批難してた子どもたちも
    自分たちにも同じような事があるのでしょうね、
    「おじさんのおかげで、ヨナタンは成長して良い物をお守りにしたね」
    なんておませなことを話してました。

    おしゃぶりを必死に探してるヨナタン一家の滑稽な前半部分のお話しに
    おじさんが現われた事からがらっと成長していくヨナタンの
    姿が、きっかけさえあれば
    恥ずかしいことも、周りから見ておかしなことも
    結果オーライになるんだな〜

    大人になったヨナタンにも是非、あってみたいなぁって思っちゃいました。

    掲載日:2007/12/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供の成長

    • エミミンさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子12歳、男の子9歳

    4歳のヨナタンは『おしゃぶり』をいつももっています。
    なくしたらタ〜〜イヘン!!
    家族がそんなヨナタンに困っていたところ
    アメリカからおじさんが来ました。

    このおじさん、変わり者で
    『おしゃぶり』をお守りとしていつも首から下げています。
    ヨナタンがおじさんを好きになるのはいうまでもありません。
    おじさんのまねをして『おしゃぶり』を
    首から下げることにしました。
    さておじさんがアメリカに帰る日になんと
    お守りである『おしゃぶり』を失くしてしまいます。
    困っているおじさんにヨナタンは自分の『おしゃぶり』を
    首から下げてあげます。

    子供は押し付けても、時として聞いてはくれませんが
    ちゃ〜〜んと成長してくれる。
    人との関わりの中で一歩一歩確実に。

    ヨナタンの成長に微笑ましくなれる絵本です。

    掲載日:2007/12/04

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

ぶたぶたくんのおかいもの / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / だいじょうぶだいじょうぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



たたかえ!じんるいのために!

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.8)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット