十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

長崎むかし 河童河助物語」 みんなの声

長崎むかし 河童河助物語 作:伊藤富夫
絵:太田 大八
出版社:小学館スクウェア
本体価格:\1,905+税
発行日:2002年
ISBN:9784797980189
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
「長崎むかし 河童河助物語」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ハートにくるお話です。

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子9歳、女の子5歳

    なんと!作者の伊藤さんは歯科医師さんです。
    昔、泳げないのに負けず嫌いで、友達たちと池で遊んでいて、溺れそうになった時があったそうです。泥に足を取られて溺れかけたその時、泳げないはずの自分が突然7メートル近くも泳ぎきって、岸に上がれたのは、河童のおかげだ!と、思ったそうです。(その池は、河童が住んでいると噂されていたんですって)
    近年、河童を扱ったテレビ番組を見て、あまりに河童を悪者扱いしていたので、この物語を書くにあたったとか…。

    住んでいた川の洪水で、両親と離ればなれになってしまった河童の子を助けたのは、子供のいなかった夫婦で、その河童の子に河助と名付けて、大切に育ててくれます。
    だんだん大きくなり、河助は自分が河童であることを意識して、河童の村へ一度は戻っていきますが、それからしばらくして、河助を助けた夫婦の家には、毎回土用の丑の日に、ウナギや魚などがたくさん届けられるようになりました。
    それを届けていたのはもちろん河助です。
    それから200年という時が経ち、物語はいよいよラストに向かいます。
    このラストがすごく泣けるんです。河童と人間の厚い友情(人情)が、心と心の結びつきが、何とも言えず感動なんです。
    少し長いお話ですが、とてもハートにくる作品です。荒んだ事件が多い現代、たくさんの人に読んでほしい作品です。

    掲載日:2005/03/13

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット