ななちゃんペンギン ななちゃんペンギン ななちゃんペンギンの試し読みができます!
作・絵: さかいあいも  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ペンギンが大好きな、ななちゃんの小さな冒険物語
morimoriさん 30代・ママ

裏表紙まで!
ななちゃんはペンギンが大好きな女の子で…

クロウチーフ」 みんなの声

クロウチーフ 作・絵:ポール・ゴブル
訳:倉橋 由美子
出版社:宝島社
本体価格:\1,456+税
発行日:1995年
ISBN:9784796609784
評価スコア 4
評価ランキング 21,148
みんなの声 総数 2
「クロウチーフ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • アメリカ・インディアンの民話

    • レイラさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子12歳、男の子9歳

    石槍や矢で獲物を仕留めていた先史時代のアメリカ・インディアンの民話。
    インディアンたちは獲物のバッファローを仕留めるのに苦労していました。
    理由は賢いカラス「クロウチーフ」が事前に人間の動きをバッファローに伝えたからです。
    当時カラスは白かったのですが、
    「流れ星」という助っ人を得たインディアンの策略にはまり捕らえられ、
    煙のすすで真っ黒にされるのです。
    人間と共存するために、と黒くされたカラスたち。
    先史時代は、今からは想像できないほど人間と動物達の距離は近かったのでしょう。
    ティピというインディアンのテントなどの生活の細部が興味深い味わいの絵本です。

    掲載日:2006/01/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • カラスの色の話はいろいろありますが

    • えっこさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子12歳、女の子9歳、女の子5歳

    カラスが昔は白かったという話は、日本にもあります。アメリカ・インディアンにもそんな話が伝わっているのね、となにげなく手にとった本でした。(きっと、他の民族にも同じような話があるのではないでしょうか。)

    読んでみたら、カラスの色の話は、それはそれで面白いのですが、インディアンの人々の暮らしぶりを描いた、まじめなテーマの本でした。

    インディアンの食料事情、狩りの様子、「流れ星」と呼ばれるある種のヒーローのこと、なぜ「流れ星」の助けがいるのか・・・

    5歳の娘には難しかったかもしれません。

    掲載日:2005/09/14

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「あかちゃんといっしょに作ったあかちゃんのための絵本」創刊記念インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット