モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
しいら☆さん 50代・その他の方

ほっこり!クリスマス2016にお薦め!
ふくざわさんの絵本大好きな方 多いで…

ハードル3」 みんなの声

ハードル3 作:吉富多美
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2009年09月
ISBN:9784323063287
評価スコア 4
評価ランキング 22,256
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 友人を信用する

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    父と母の離婚をきっかけに横浜から母の田舎に引っ越し、そこでひどいいじめにあい、危うく命を落としそうになったアリサワレオン
    中学3年として新学期を迎えるが、新たな問題に直面する・・・

    いじめを乗り越えるのは一人では難しいことを痛いほど感じた主人公は、友人を信用することで自分の世界も広げられることを理解する
    物語に登場する大人は子どもたちが目指したい姿もあれば、読んでいて腹か煮え繰り返るほどの卑劣さを備えた大人も出てきます

    今現在もテレビの映像を通して、情けない大人の姿を目にする子どもたちの心は、未来とか将来に希望が持てるのだろうか・・・?
    未来をに立っていく子どもたちだからこそ、大人はがんばっているんだよ、と言う姿を見せて行く意気込みみたいなものがもっと必要だと感じます
    言葉でいう世よりもずっと難しいことですが、そんなことを言ってられない「危機感」を持っても良いのではないでしょうか・・・

    相手の気持に同苦すると言う事で、小学校高学年以上に読んでもらいたいお話です

    掲載日:2012/04/12

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット