雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…

おひさまがつれてきたおともだち」 みんなの声

おひさまがつれてきたおともだち 作:カレン・ホレンダー
絵:クリスティーネ・レトル
訳:ふせまさこ
出版社:新世研
本体価格:\1,600+税
発行日:2000年
ISBN:9784880120560
評価スコア 3.5
評価ランキング 32,080
みんなの声 総数 1
「おひさまがつれてきたおともだち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おひさまはどこで寝るの?

    • くーへんさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子1歳

    動物の村に住むヤマネコのやおすけ君は
    おひさまがどこで眠るのかを知したくて
    ”おひさまが眠る国のともだちへ”
    風船に手紙をつけて飛ばしました。

    ---おひさまが眠る国はあるのでしょうか?---
    たずねてきたお友達は”おひさまが眠る国の住人”ではありませんでした。

    やおすけ君の悩み種はつきませんが、
    新しい友達が出来たことはステキなこと!
    おひさまは待っていれば必ず明日の朝には会えるのだから…と。そしてくるりと地球は回ります。

    私も小さい頃、不思議に思ったことのひとつです。
    なんだか、こころがあたたまるお話でした。

    掲載日:2006/04/30

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

ちびゴリラのちびちび / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おやすみ〜
    おやすみ〜の試し読みができます!
    おやすみ〜
     出版社:くもん出版
    大好きなものに「おやすみ〜」と挨拶する赤ちゃん。おやすみ前の1冊にピッタリ!


好評につき第2弾!23人の絵本作家からの手紙

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット