くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

アボカド・ベイビー」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

アボカド・ベイビー 作:ジョン・バーニンガム
訳:青山 南
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1993年
ISBN:9784593503001
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,278
みんなの声 総数 42
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 巨匠の絵本の最高峰(個人的な判定)

    巨匠の絵本です。
    世界中の子どもが愛するバーニンガムの絵本です。
    いろいろ借りてみました。でも息子はあまり好みません。
    でも我が子にも気に入る本があるはずと、次々と借りてきては読んでみました。しかし一切関心を示しません。
    心が折れそうになったとき、この本に出会いました。
    赤ちゃんが泥棒を追い払ったり、いじめっ子をやっつけたりするシーンに息子は大喜び。
    「もう1回」と何度も繰り返しました。
    バーニンガムの絵本のなかでも、ストーリーがかなりユニーク。奇想天外で笑えます。
    読み聞かせをする母は、「もう1回」という言葉を聞きたくて、日々一生けん命絵本を選んでいます。
    この後息子は「アボカドが食べたい」と言いだし、初めてアボカドにチャレンジしましたが、本物のアボカドは好みませんでした。

    掲載日:2016/02/04

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「アボカド・ベイビー」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎマンション
    うさぎマンションの試し読みができます!
    うさぎマンション
     出版社:くもん出版
    うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに


「ろっぺいブックス はじめてのえほん」刊行記念インタビュー

みんなの声(42人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット