くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

ルッキオとフリフリ おやしきへいく」 ゆりわんちゃんさんの声

ルッキオとフリフリ おやしきへいく 作:庄野ナホコ
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2016年10月19日
ISBN:9784061333055
評価スコア 4.2
評価ランキング 17,327
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く
  • 就職活動!

    図書館から借りてきて、8歳の次女と読みました。

    豪華な食事と素敵な住まいに憧れるルッキオとフリフリ。
    今回はお金持ちの奥様のお屋敷への就職活動のお話です。

    「奥様と暮らすネコ募集」のチラシを見つけてきたフリフリ。
    さっそく二匹は就職活動のため、お屋敷へ向かいますが…?!

    個性的なネコたちと、これまた個性的な奥様のキャラクターに笑っちゃいました。
    情けない顔してるフリフリがとっても可愛らしくて(笑)。
    そんなフリフリが、「奥様」にも可愛かったんでしょうね〜!
    まぁ、結果はどうであれ?!
    ルッキオとフリフリが変わらず素敵なコンビで楽しかったです。
    いつかまた、この奥様とのお話が読めたらいいな〜(笑)。
    次女も大満足でした。

    このお話を読んだ後、しばらく次女と私で
    『「イヤ〜〜〜ッ!!!」ごっこ』が流行りました。

    次のお話が待ち遠しいです♪(*^_^*)

    ネコ好きの方には、特におすすめのシリーズですよ!

    掲載日:2017/05/16

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ルッキオとフリフリ おやしきへいく」のみんなの声を見る

「ルッキオとフリフリ おやしきへいく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / だるまさんが / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



20か国以上で大反響!プログラミングの魔法の世界へようこそ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット