くまの子ウーフ くまの子ウーフ
作: 神沢 利子 絵: 井上 洋介  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
遊ぶこと、食べること、そして考えることが大すきなくまの子ウーフ。ほら、今日もウーフの「どうして?」が聞こえてきます!
アマアマ47さん 40代・ママ

考えさせらる、色々な事を
6歳の息子と3歳の娘に読みました。 …

お月さまってどんなあじ?」 NARIGEさんの声

お月さまってどんなあじ? 文・絵:マイケル・グレイニエツ
訳:いずみ ちほこ
出版社:らんか社 らんか社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1995年09月
ISBN:9784883301065
評価スコア 4.76
評価ランキング 572
みんなの声 総数 177
  • この絵本のレビューを書く
  • お月さまって「ひなあられ味」

    お月さまってどんな味なんだろう?
    あまいのかな、しょっぱいのかな?
    お月さまを見ていた動物たちは、いつもそう思っていました。
    あるとき、ついにカメが山の頂上に、お月さまをかじりに向かいます。
    カメだけでは届かず、ゾウやキリンや、色々な動物たちが協力します。
    お月さまも面白がって、どんどん空高くにのぼりますから、
    やっぱり届きません。
    ついに最後はネズミがお月さまをかじることに成功します。
    こう書くと、「大きなカブ」のようなワンパターンさを連想するかもしれませんが、
    実は違います。
    お月さまがかじられたのは、小さいネズミを侮った油断からです。
    最後のページに登場する魚の台詞も面白く、
    展開は逆に新鮮に感じました。
    ところで、動物たちがネズミから分けてもらったお月さまの味の感想ですが、
    「みんながそれぞれ、いちばんすきなものの味」だそうです。
    私にとっては「ヨーグルト味」であり、
    娘にとっては「ひなあられ味」でした。
    味を想像して語り合うのも、この絵本の魅力だと思います。

    掲載日:2011/03/24

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「お月さまってどんなあじ?」のみんなの声を見る

「お月さまってどんなあじ?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの / キャベツくん / かばくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「学研の幼児ワーク」<br>編集者・工藤香代子さんインタビュー

みんなの声(177人)

絵本の評価(4.76)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット