雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

いやだいやだのスピンキ−」 てんぐざるさんの声

いやだいやだのスピンキ− 作・絵:ウィリアム・スタイグ
訳:おがわ えつこ
出版社:らんか社 らんか社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1989年
ISBN:9784915632440
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,957
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く
  • 親に一言あり!(親も大変なのよ〜)

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    スピンキーにはスピンキーなりのすねるだけの立派な理由があるんでしょうが、
    スピンキーのお父さん・お母さん大変だったろうな〜と思いました。
    子どもにしっかりとした言い分や意見があるように、
    親たちは自分の子どもを育てることで親となり、大人として成長していくので、時には道を間違えたり、子どもの気持ちをわかってあげられないこともあるんだよな〜。
    スピンキーはちょっとすね過ぎなんでは?
    と、やや、親目線で読んでしまいました。
    子どもたちが読んだら、(スピンキーが結局のところ、何について怒っていたのか最後までわからないのですが)
    スピンキーの気持ちに沿って「そうだー、そうだー」と、応援してしまうんでしょうね。

    親たちに一言あり!というようなお子さんたちに特にお薦めします。

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「いやだいやだのスピンキ−」のみんなの声を見る

「いやだいやだのスピンキ−」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / くだもの / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


子どもたちが大好きなお店がいっぱい!楽しい「おかいもの」絵本

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット