貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

かえでの葉っぱ」 ねんねこしゃんさんの声

かえでの葉っぱ 文:デイジー・ムラースコヴァー
訳:関沢 明子
絵:出久根 育
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2012年11月
ISBN:9784652041253
評価スコア 4.58
評価ランキング 4,053
みんなの声 総数 37
  • この絵本のレビューを書く
  • 風にのって

    まず、表紙の美しさに心を揺さぶられてしまいます。

    私は秋が好きです。
    匂いや温度、それに色。秋を感じるとなぜか懐かしさや切なさが込み上げてきます。
    赤橙黄の葉っぱが好きです。空気は冷たいのに、この色を見ると暖かい気持ちになるからです。
    だから秋の散歩は最高です。

    かえでの葉っぱの長い旅はとても素敵でした。
    場所も変われば自分自身もどんどん変わっていく。
    でもかえではそれを受け入れ、更に楽しみや喜びを見つけ出していきます。

    かえでの姿から、時間の大切さや自分らしい生き方について考えさせられました。

    灰色のクモの巣みたいな葉っぱも、なんて美しいのだろう。
    命あるもの、最期のときまで美しいのですね。

    掲載日:2017/09/08

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「かえでの葉っぱ」のみんなの声を見る

「かえでの葉っぱ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

どうぞのいす / キャベツくん / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はやくちことばで おでんもおんせん』イベントレポート

みんなの声(37人)

絵本の評価(4.58)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット