ぼくたち、いちばん! ぼくたち、いちばん!
文: ジェーン・イーグランド 絵: 東條 琴枝 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

あいりっくさんの公開ページ

あいりっくさんのプロフィール

ママ・40代・東京都

あいりっくさんの声

520件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
ふつうだと思う 探して、、、見つけて、、、、  掲載日:2017/4/6
ばあ〜っ!
ばあ〜っ! 作: いしづ ちひろ
絵: くわざわ ゆうこ

出版社: くもん出版
うちの子供には簡単すぎましたが、園児にはとてもいいですね。1-2歳でもいいかも。

くまちゃんを探したり
ばあーっと驚かせたくなりますね。

絵が、いしづちひろさんらしくてかわいいので、小さい子には人気が出そうです。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 読み聞かせが大変  掲載日:2017/4/6
おやすみ、エレン
おやすみ、エレン 著: カール=ヨハン・エリーン
監訳: 三橋 美穂

出版社: 飛鳥新社
読んでいるうちに、確かにうちの子供は眠りました。私も半分眠りかけ、、、。

なぜか?

とにかくながーーーーーーーーい!

読んでいるうちに眠くなるので、本の効果なのかどうなのか。

まあ試してみたら良いでしょう。

そうのエレンが主人公。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 怖い?怖くない?  掲載日:2017/4/6
ひよよとおばけちゃん
ひよよとおばけちゃん 作: ひよよ
出版社: 三起商行(ミキハウス)
おばけが怖い子におすすめ。

ひよよが友達になったおばけちゃんは小さくてかわいい。

でも、その噂がみんなをたどるうちに、、、すごい怖いお化けちゃんだった話に変わっていきます。

心配したみんなが会いに行くけど、、、大丈夫。可愛いおばけちゃんでした。

年少向け。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 飛んじゃう?  掲載日:2017/4/6
ひよよとふうせん
ひよよとふうせん 作: ひよよ
出版社: 三起商行(ミキハウス)
ふうせんで飛びそうになっているひよよ。。。。

というか、飛んでいる。

みんなが助けようとしているけど、ひよよはわれ関せず。

ちょっとおかしい、

年少さんくらいに向いていると思います。絵もみんなに好かれる絵です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 落し物はなに?  掲載日:2017/4/6
ひよよとおとしもの
ひよよとおとしもの 作: ひよよ
出版社: 三起商行(ミキハウス)
モグラの落し物を拾ったひよよ。

渡してあげようと追いかけるけどモグラは自転車なので早い、速い。

追いつこうと頑張って、、、、最後、渡してあげられます。

良かったね。

年少さんに向いている本です。絵もかわいいのでおすすめ。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 二人の友情  掲載日:2017/4/6
ぼくの友だち
ぼくの友だち 作: 高橋秀雄
絵: 長谷川 知子

出版社: 文研出版
とても素敵な話でした。

一見、乱暴で雨の日に期限が悪い小野君。

でも、くさいと言われいじめられた子をかばったり、テストのひどい子をかばったり、、、でも、こっそりかばうので自分は悪者になってしまいます。

主人公は小野君と友達になり、小野君はラーメン屋、主人公はホットケーキ屋かな、など楽しくおしゃべりし、夢を語ります。

最後、お父さんのラーメンの研究で引っ越す小野君ですが、最後にきたはがきが男の子の友情を感じて良かったです。おすすめ。小4が主人公です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい バレエを見るときにおすすめ  掲載日:2017/1/25
くるみわり人形 クラシックバレエおひめさま物語
くるみわり人形 クラシックバレエおひめさま物語 原作: ホフマン
文: 斉藤 洋
絵: わたべめぐみ

出版社: 講談社
先日、くるみわり人形のバレエを見たので、娘に読ませてみました。

文章がおおいので数日以上かかっていました。

が、内容的にはバレエの内容もよくわかり、金平糖の精はお菓子の国の女王だったん!?と親的にも意外な内容で読み物としても面白かったと思います。

そうか、青年、ドローセルマイヤーの甥だったんだっけ、と、少しなつかしく読みました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 見守ってきたクスノキ  掲載日:2017/1/11
大きなクスノキ
大きなクスノキ 作: みその たかし
絵: さとう そのこ

出版社: 高陵社書店
母を見守ってくれ、その娘も見守ってくれたクスノキがある日、切られそうになります。でも、クスノキに愛着を感じていた娘が、伐らないようにと運動をしかけていきます。

環境破壊をしないように、というのも大事ですが、もっと身近なところで環境破壊をわかりやすく伝えているように思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 絵がかわいい  掲載日:2016/12/15
みつけてかぞえて どこどこどうぶつ ゆかいなまきば
みつけてかぞえて どこどこどうぶつ ゆかいなまきば 絵: ガレス・ルーカス
デザイン: ルース・ラッセル
文: カースティーン・ロブソン
訳: 小林 美幸

出版社: 河出書房新社
まきばの動物たち、牛や羊や鶏たちが、ぼうしをかぶった何、とか、ヒントをつけて、探す動物を教えてくれます。1ページで3つくらい探し物があるので、結構時間がかかります。

楽しく親子で遊べます。少しずつ探しました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 意外すぎる  掲載日:2016/12/8
角川つばさ文庫 星の王子さま
角川つばさ文庫 星の王子さま 著: サン=テグジュペリ
訳: 管啓次郎
案内人: 西原 理恵子

出版社: 株式会社KADOKAWA
好きな本ですが、西原さんの絵でびっくり。鼻タレ小僧のような、毎日母さんのイメージで、ちょっと抜けたような王子が星をうろうろする姿を想像しておかしくなってしまいました。

新訳も、まるで今までの王子と言葉とかが違くてちょっと面白い。

関西人にファンが出るかも?
参考になりました。 0人

520件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

北欧の一休さんことビッケ登場!おやすみ前の読み聞かせにも

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット