ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  「すごいぞ!ぼくらのからだ」シリーズ 中川ひろたかさんインタビュー

「すごいぞ!ぼくらのからだ」シリーズ 中川ひろたかさんインタビュー

「走るのが苦手」「食が細い」、最近、そんな子どもたちが増えているといわれています。そのようななかで「子どもたちのすこやかな育ちのお手伝いがしたい」という思いから生まれたのが、今回ご紹介する「すごいぞ!ぼくらのからだ」シリーズです。“からだってすごい!”と感じることで、自分のからだへ興味を持ってほしい――そんな強い思いの込められたシリーズの第1弾として、7月に2作が刊行されます。その作者はご存知、中川ひろたかさん。続く3作のおはなしも担当される中川さんに今回のシリーズに対する思いを伺いました。絵本ナビでのインタビューは「おたんじょう月絵本」シリーズ以来、実に3年ぶり!3年の間に生まれたお孫さんとのエピソード、自身初の個展の様子もご紹介します!

今回の「すごいぞ!ぼくらのからだ」シリーズは、普段、お医者さんや看護師さんなど医療系のお仕事をされている方向けの専門書や電子メディアを作っているメディカ出版さんが企画・制作し、そのグループ会社で「カラーブックス」などを刊行してきた保育社さんから発売されます。
ここだけの話、医療専門の出版社さんから絵本が発売されるのって、とっても珍しいことなのです!

2013年7月初旬に発売される2作を皮切りに、「ほね」「あし」「しんぞう」など、からだの部位別に描かれたおはなしが次々刊行予定!どれも暮らしのなかのエピソードをきっかけに、からだに興味を持ってもらえる絵本になっています。

各作品の世界観を表現するのは、みんなが知ってる実力派絵本作家陣&カメラマン!同じシリーズ内でまったく違ったテイストが楽しめます。

たべものたべたら』 絵・藤本ともひこさん
ぼくの手 わたしの手』 写真・斉藤美春さん
『ほね・ホネ・がいこつ!』(仮) 絵・スズキコージさん
『あしってエラい!』(仮) 絵・大島妙子さん
『こころとしんぞう』(仮) 絵・村上康成さん

メディカ出版さんからのメッセージ

じつはこの絵本シリーズは、「ふだんとは違う商品をつくる」という社内の特別プロジェクトから誕生したものなんです。日ごろ医療専門書を出版するなかで培ってきた知識を活かして、広く世の中に役立つ商品は何かと考えたときに、「これからの未来を担う子どもたちに向けた商品をつくりたい」という思いから、この絵本シリーズの企画に至りました。からだが形成される過程にある幼い時期にこそ、子どもたちに知っておいてほしいことはたくさんあります。それらを子どもにもわかる表現で楽しく伝えているのが、このシリーズです。ふだんの何気ない生活のなかから自分のからだに興味をもつこと、そして自分のからだをいたわることで、健全なからだと心をもった大人へと成長していってくれるのではないかと思っています。

 class=

それでは、次のページから、中川ひろたかさんのインタビュースタートです!

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!
【0歳】絵本ギフトセット

中川ひろたか(なかがわひろたか)

  • 1954年埼玉県大宮市生まれ。日本ではじめての男性保育士として、5年間千早子どもの家保育園に保父として勤務。1987年、みんなのバンド「トラや帽子店」を結成。リーダーとして活躍。「みんなともだち」「世界中のこどもたちが」などは、たくさんの子どもたちに歌われている。1995年「さつまのおいも」(童心社刊)で絵本デビュー。「たなばたプールびらき」他ピーマン村の絵本シリーズ(童心社刊)、「わりとけっこう」(絵本館刊)などの作品がある。絵本「ないた」で日本絵本賞受賞。絵本作家、詩人の他にも、ラジオDJなど、多方面で活躍中。

作品紹介

たべものたべたら
たべものたべたらの試し読みができます!
文:中川 ひろたか
絵:藤本 ともひこ
出版社:保育社
ぼくの手 わたしの手
ぼくの手 わたしの手の試し読みができます!
作:中川 ひろたか
写真:斉藤 美春
出版社:保育社
全ページためしよみ
年齢別絵本セット