おんせんたまご おんせんたまご おんせんたまごの試し読みができます!
文: 中尾 昌稔 絵: 河本徹朗  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
ふう、あったかい。ああ、いいきぶん。のんびり、ゆったり、おふろだーいすき!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
おばけのなつやすみ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おばけのなつやすみ

作: 山本 和子
絵: 大和田 美鈴
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥950 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おばけのなつやすみ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年07月11日
ISBN: 9784569682303

対象年齢:小学1〜3年生向

出版社からの紹介

内容:おばけの一家が南の島へバカンスにやってきた。アウトドアに燃えるお父さんおばけや、ふたごのおばけが楽しい夏休みをすごすお話。

解説:おとうさんおばけとおかあさんおばけ、ふたごの小さなこどもおばけの四人一家が南の島での楽しいなつやすみを過ごすお話。
 家族でおでかけする機会の多いなつやすみの読書にぴったりの一冊です。
 こどもに川くだりや魚つりを教えたいと張り切って南の島にきたおばけのおとうさんでしたが、なかなかこどもたちにいいところをみせることができません。同行した人間のおばさんのよねこさんの方がなんでもできるので、すっかりいじけてしまいます。しかし、泥棒をおとうさんの知恵で退治することができ、やっぱりおとうさんはすごいね、とこどもたちは大喜びするのです。
 普段の生活でみることのできないおとうさんの失敗する姿や家族の団結を実感できる貴重ななつやすみ。
 こどもと一緒に読みながら、「家族」をふりかえるいい機会になる一冊です。

ベストレビュー

お父さんがんばれ♪

おばけの4人家族と、ひょんなことから出会ったトラック運転手のよねこさん(女性だけど、力持ちでカッコいい!)との夏休み。

おばけのお父さん、おばけなのにちょっと情けない・・・
なにをやらせても、よねこさんのほうが上手なんですよね。
南の島のバカンス、アウトドア、、、本来ならここぞパパの出番!のはずなんですけどね・・・(笑)
このへんは、普通の(人間の)お父さんにもありそうな感じで面白いですね。
でも最後は。さすがおばけのお父さん!
かっこいいところを見せてくれますよ♪

楽しくてかわいらしいお化けのお話です。
タイトルどおり、夏休みに読むのがお勧めです。
(あんれいさん 40代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


山本 和子さんのその他の作品

うえきはちまる / 紙芝居 くまちゃん ねこちゃん たべようね / おやつなんだろう? / 1年中使える 2〜5歳児簡単簡単ポケットカードシアター / ウサギのフローレンス(4) きらきら雪のワンダーランド / ウサギのフローレンス(3) 金色はっぱのひみつきち

大和田 美鈴さんのその他の作品

How Do You Do? はじめまして / ララちゃんのダンス / 大きな絵本 はじめまして / 紙芝居 うんちくん / おばけのなつまつり / おまけのオバケはおっチョコちょい



『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

おばけのなつやすみ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット