すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

グレゴリー・クリスティー(ぐれごりーくりすてぃー)

グレゴリー・クリスティー(ぐれごりーくりすてぃー)

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

2件見つかりました

表示

ぼくの図書館カード

ぼくの図書館カード

文:ウイリアム・ミラー  絵:グレゴリー・クリスティー  訳:斉藤 規  出版社:新日本出版社  本体価格:¥1,500+税  
発行日:2010年11月30日  ISBN:9784406054102
とどまることなく 奴隷解放につくした黒人女性ソジャーナ・トゥルース

2件見つかりました

グレゴリー・クリスティー(ぐれごりーくりすてぃー)さんの作品のみんなの声

  • 勉強とは?

    この本は「勉強の意味」を知るほんだと思います。 どんなに貧しく、どんな苦難であっても道は開けていけるのだな〜と思いました。 本を読むことは、人生の心の糧なんですね〜 なんて素晴らしい絵本なんでし・・・続きを読む

  • 『差別』を理解する一助になるかも

    大人の視点からいけば☆5です。 小4息子の視点からすれば☆4です。 久々の寝る前読み聞かせ。 熱があって寝ころんだ息子には少々重い話かとも思ったが・・・ 黒人が本を読むのが当り前じゃない時・・・続きを読む

  • 信じられない真実

    『本は約束の土地へと導く』 この言葉が、本の姿を語ってくれています。 1920年代のアメリカ南部に生きる黒人の子ども、「ぼく」は、本を読みたいという気持ちでいっぱいでした。でも、黒人は、図書館を利・・・続きを読む

  • 本の偉大さ、大切さ

    小4の娘に聞かせたくて借りてきました。 1960年に亡くなった黒人のリチャードライトというベストセラー作家の 自伝的物語です。 まだ、黒人にまともな市民権もなかった時代 識字はもとより・・・続きを読む

  • 自伝的絵本

    実在した黒人の小説家の、青年時代を描いたそうです。 黒人だからという理由で、図書館が使えないこと。 私は、この本を図書館から借りてきたのですから、図書館の利用禁止は大きな影響になります。 子・・・続きを読む


『ヨチヨチ父 とまどう日々』ヨシタケシンスケさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット