となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …

山田 貢(やまだみつぎ)

山田 貢(やまだみつぎ)

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

4件見つかりました

表示

鼻の長兵衛さん

鼻の長兵衛さん

作:山田 貢  絵:井上 洋介  出版社:文化出版局  本体価格:¥1,000+税  
発行日:1980年03月  ISBN:9784579401529
佐渡牛

佐渡牛

作:山田 貢  絵:石倉 欣二  出版社:文化出版局  本体価格:¥1,000+税  
発行日:1980年03月  ISBN:9784579401499
蟇と猿

蟇と猿

作:山田 貢  絵:太田 大八  出版社:文化出版局  本体価格:¥1,000+税  
発行日:1980年03月  ISBN:9784579401536
でたらめ経

でたらめ経

作:山田 貢  絵:村上 豊  出版社:文化出版局  本体価格:¥1,000+税  
発行日:1980年03月  ISBN:9784579401512

4件見つかりました

山田 貢(やまだみつぎ)さんの作品のみんなの声

  • おんちょろ経のマジック

    『おんちょろ経』とか『ねずみ経』とかいわれている作品ですが、この絵本の「でたらめ」さに好感が持てました。 間のいいお経なのですが、お経をあげてらうおばあさんの家が、金持ちとは言いながら、あまり裕福そ・・・続きを読む

  • 鳥獣戯画のような絵本

    せっせと働きつづける蟇蛙と、なんだかんだと言い訳をしてはなまけてばかりの猿。 二人の生活が、なんだか鳥獣戯画のようで面白い絵本です。 蟇蛙がせっせと作り上げたお米でつきあげたお餅を独り占めしようと・・・続きを読む

  • 佐渡の荒海と母牛の愛

    『人魚姫』でコンピュータグラフィックを使った石倉欣二さんにしては、対極にあるような荒々しくて男性的な肉太の絵が印象的。 舞台の佐渡の冬の海の荒々しさを象徴するような絵に圧倒されます。 この物語・・・続きを読む

  • 井上洋介さんの絵は怖い

    望遠鏡と引き換えに手に入れた天狗の鼓。 たたけば鼻が長くなったり、短くなったり。 長兵衛さんも良いことに使えばよいのに、やっぱり悪用してしまいました。 人の鼻を高くしたり低くしたりで、金儲けをし・・・続きを読む


オオカミはほんとうにわるいの?子どもと読んでほしい絵本

出版社おすすめ

  • おやすみ〜
    おやすみ〜の試し読みができます!
    おやすみ〜
     出版社:くもん出版
    大好きなものに「おやすみ〜」と挨拶する赤ちゃん。おやすみ前の1冊にピッタリ!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット