おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…

ヘレン・ニコル(へれんにこる)

ヘレン・ニコル(へれんにこる)

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

4件見つかりました

表示

メグ むじんとうに いく

メグ むじんとうに いく

作:ヘレン・ニコル  絵:ヤン・ピエンコフスキー  訳:ふしみみさを  出版社:偕成社  本体価格:¥1,000+税  
発行日:2007年02月  ISBN:9784032026801
メグと ふしぎな たまご

メグと ふしぎな たまご

作:ヘレン・ニコル  絵:ヤン・ピエンコフスキー  訳:ふしみみさを  出版社:偕成社  本体価格:¥1,000+税  
発行日:2007年02月  ISBN:9784032026702
メグとモグ

メグとモグ

作:ヘレン・ニコル  絵:ヤン・ピエンコフスキー  訳:ふしみみさを  出版社:偕成社  本体価格:¥1,000+税  
発行日:2007年02月  ISBN:9784032026603
メグ つきに いく

メグ つきに いく

作:ヘレン・ニコル  絵:ヤン・ピエンコフスキー  訳:ふしみみさを  出版社:偕成社  本体価格:¥1,000+税  
発行日:2007年02月  ISBN:9784032026900

4件見つかりました

ヘレン・ニコル(へれんにこる)さんの作品のみんなの声

  • ベーコンが・・・

    メグとモグのお話が好きな子どもが選んで、何回も読んでいる絵本です。 食べようと思っていた卵が割れなくて何も食べずに眠るところ、そして、次々に恐竜が生まれて・・・どうなるのかなと思ったら、最後の魔法で・・・続きを読む

  • 魅力

    子どもが図書館で自分で選んで借りたのが4歳、それから6歳の今も時々借りて読んでいます。 大人の私は手に取った事がなかった絵本でしたが、後で詳細をみるとイギリスで子どもに人気のお話との事で、子どもが面・・・続きを読む

  • ハロウィーンの時期に

    先に原書の方を知りました。小学生の英語の授業の読み聞かせで使いたくて原書の知らない単語を調べて、絵本の中に出てくる大鍋とか、ふくろうの発音に苦戦しつつ、最大の難関は魔女たちがパーティで大鍋にいろんなも・・・続きを読む

  • ワイルド

    魔女なのに無人島から自力で戻ってこれないのがおかしかったです。子供も魔法で何とかしちゃえばいいのに〜って言って笑ってました。でも、そんなところがかわいい絵本なのですが。大きいタコを取って食べていたのも・・・続きを読む

  • ステキな魔法

    カエルとかを捕まえてきてご飯のたまごにしようなんてとっても面白い発想だなって思いました。子供も楽しんでました。でも、うまくいかなくて恐竜が出てきたのにもビックリしてましたが、楽しんでました。恐竜の方が・・・続きを読む


「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

出版社おすすめ

  • だれのあしあと
    だれのあしあとの試し読みができます!
    だれのあしあと
    作・絵:accototo ふくだとしお+あきこ 出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
    雪のうえのあしあと、だれのかな? 冬のあてっこ遊び絵本

全ページためしよみ
年齢別絵本セット