たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

まことあつさんの公開ページ

まことあつさんのプロフィール

ママ・30代・新潟県、男の子6歳 男の子3歳

まことあつさんの声

323件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい どんどん話に引き込まれた  投稿日:2017/02/23
この世でいちばん すばらしい馬
この世でいちばん すばらしい馬 作・絵: チェン・ジャンホン
訳: 平岡 敦

出版社: 徳間書店
面白かったです!

お薦めされていたので借りて読んでみたのですが、
正直、絵が古臭くアジアチックで
4歳の子どもが怖がるかなと不安に思っていたのですが、
子どもも最後まで静かに聞き、
「馬がここにいるよ」と、
ちゃんと理解して聞いていたのには驚きました。

絵もはじめはとっつきにくかったのですが、
内容も絵も素晴らしいので
どんどん話に引き込まれ、
読み終わった後も余韻に浸り楽しみました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 自分で読むにはいいかも  投稿日:2017/02/23
大きな大きな船
大きな大きな船 作・絵: 長谷川 集平
出版社: ポプラ社
正直、4歳の子に絵本として読むのは微妙でした。

内容もお母さんがいなくなったことをはっきりとは説明せずに
会話で進んでいくので、
頭の中で読むと面白いのですが、
声に出すといまいちで、
絵も私は好きになれず、読みにくかったです。

ただ、ストーリーは面白く、
もし私がいなくなったら旦那や子どもたちは
どうしていくんだろう、
もっと教えておきたいこともあるし、
もっと怒ってばかりじゃなく大好きだよって伝えときたいし、
なんて考えていました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 黒猫みたいになりたい  投稿日:2017/02/23
よるとひる
よるとひる 作: マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵: L・ワイスガード
訳: 星川 菜津代

出版社: 童話館出版
こんな風に自分の知らないことを
相手から教えてもらえ、
自分の世界観が広がるから
自分と考え方や嗜好が異なる人との
交流って必要不可欠だなと改めて思いました。

特に黒猫が夜を怖がる白猫に
夜の良さを先にこんこんと語るのではなく、
まずは、白猫の昼が好きな理由を聞き、
認めたうえで
夜の良さを体感してもらう
度量の大きさに
こんな風になりたいなあと
強く感じました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う たくさん行動で愛情を伝えていきたい  投稿日:2017/02/20
パパはジョニーっていうんだ
パパはジョニーっていうんだ 作: ボー・R・ホルムベルイ
絵: エヴァ・エリクソン
訳: ひしき あきらこ

出版社: BL出版
お薦めされていたので図書館で借りて読んでみました。

パパとママが会わずに子どもと出会える場を作っているので
おそらく単身赴任とかではなく、
離婚された家庭という設定なんでしょうね。

読んでいて複雑でした。

これを4歳の子どもに読んでいいものか、
でも、背景がわからなくたって、
男の子のパパへの愛は伝わるし、
パパの子への愛も伝わったんじゃないかなと
読んでいて感じました。

我が家だって絶対離婚しないなんて
言いきれないし、こんなふうになるかもしれない。
でも、なってもならなくても
子どもへの愛情は変わらないし、
さみしい思いをさせないよう、
たくさん行動で愛情を伝えていきたいと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 違う絵本の楽しみ方ができてよかった  投稿日:2017/02/20
ツリーハウス
ツリーハウス 作: ロナルド・トルマン マライヤ・トルマン
出版社: 西村書店
バレンタインも近く、愛のある絵本が読みたいと思い、
図書館で借りて読んでみました。

「字がないね」
と、子どもも不思議に思いながら、
二人で静かに絵を眺めて読みました。

お話がなくても、
絵を見ているだけで素敵で、
いろんな動物も出てきて
子どももきょろきょろと画面を見つめ、
私も久しぶりに静かに絵本をじっくり眺めました。

字があると絵をあまり見ずに読み終わってしまうのですが、
字がないと絵本の世界に親子で静かに入れて、
また違う絵本の楽しみ方ができてよかったです。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 私だったら重くていやだな  投稿日:2017/02/20
がいこつ
がいこつ 作: 谷川 俊太郎
絵: 和田 誠

出版社: 教育画劇
なんとも奇妙なお話でした。

バレンタインも近かったので、
恋のお話を読みたいと思い、
お薦めされていたので借りてみましたが、
恋と言えば、恋でしょうが、
こんな思いをぶつけられたら、
私だったら重くていやだなと
思いながら読みました。

でも、こんなのがあっても
面白いよねと
いろんな恋を教えてくれるのが
絵本の良さかな
なんて。。。

でも、やっぱいやだな。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい まゆのかっこよさ  投稿日:2017/02/14
まゆとおに−やまんばのむすめまゆのおはなし
まゆとおに−やまんばのむすめまゆのおはなし 作: 富安 陽子
絵: 降矢 なな

出版社: 福音館書店
節分が近く、図書館で予約して、節分が過ぎてようやく借りれました。
すると、息子が「これ幼稚園で読んでもらった」と
「読んで読んで」とせっついてきました。

読んでみて、なるほど。
息子が気に入ったのも頷けます。

まゆのかっこよさ、たまりません。

純粋に相手に対してやさしくあろうとする、
無邪気な感じが子どもらしくて、
それに対して、鬼の悪だくみ。
面白くないわけがない。

でも、鬼が怖く描かれているけれど、どこか茶目っ気があり
憎めない感じがあり、さすが。

めっきらもっきらの画家さんと知り、なるほど。

面白かったです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 静かに楽しめ、ちょうどよかった  投稿日:2017/02/14
さわってごらん! よるの星
さわってごらん! よるの星 作: クリスティ・マシソン
訳: 大友 剛

出版社: ひさかたチャイルド
本屋さんでお薦めされていて図書館で借りてみました。
以前「さわってごらん! ふしぎな ふしぎな まほうの木」も読んだことが
あったので、そこまで目新しくはなかったのですが、
こどもも楽しく触ったりしていました。

寝る前に興奮させすぎるのも困りものですが、
静かに楽しめ、ちょうどよかったです。

寝る前にはぴったりだけど、
どちらかといえば前作の方が
私は好きかな。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ちょっぴり切なくて、でもほっこりと温かい気持ち  投稿日:2017/02/14
ふでばこのなかのキルル
ふでばこのなかのキルル 作・絵: 松成 真理子
出版社: 白泉社
大好きな松成 真理子さんの絵本。
お薦めされていたので、
期待して読んでみました。

読んでいる途中で息子は寝ちゃいましたが、
どうなるんだろうと気になり、
一人で読みました。

良かったです。

まさかこんな話とは思っていなかったのですが、
ファンタジーなのでありえないとは分かっているのですが、
もしかしたら息子にもキルルみたいなお友達ができるんじゃないかな
と思わせる、ほどにキルルに会いたくなりました。

ちょっぴり切なくて、でもほっこりと温かい気持ちになりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 期待しすぎた?  投稿日:2017/02/14
スキャリーおじさんの たのしいものしりえほん
スキャリーおじさんの たのしいものしりえほん 作: リチャード・スキャーリー
訳: ふしみ みさを

出版社: BL出版
この絵本は英語の絵本を探していて見つけました。

残念ながら図書館には英語の絵本はなかったのですが、
日本語版にも少し英語は載っていました。

何度見ても新たな発見があると言うことで、
絵もかわいらしく、いろんな言葉も
楽しく学べそうですが、
ストーリーがあまり面白くなく、
最初は絵に興味をもった息子も
すぐに飽きてしまいました。

期待しすぎた分、残念です。
参考になりました。 0人

323件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

大人気シリーズ第二弾「家族がいるって、どんなかんじかな」

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本

全ページためしよみ
年齢別絵本セット