話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

ロングセラー
じっちょりんのあるくみち

じっちょりんのあるくみち(文溪堂)

春のみち、下を向いて歩くのが楽しくなる絵本。

  • かわいい
  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ

まことあつさんの公開ページ

まことあつさんのプロフィール

ママ・30代・東京都、男の子8歳 男の子5歳

まことあつさんの声

2170件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい どのお話も面白い  投稿日:2021/04/28
ふしぎ駄菓子屋 銭天堂
ふしぎ駄菓子屋 銭天堂 作: 廣嶋 玲子
絵: jyajya

出版社: 偕成社
図書館でも人気でなかなか借りることができませんでした。

最初、寝る前に読もうと思っていたのですが、
小3の息子が「あ、これ知ってる」と一人で読み始め、
一日で読んでしまいました。

感想を聞いてみると
5歳児に読むには、怖がるだろうし、少し難しいと判断し、
親だけで読んでみました。

表紙のイメージではもっとのほほんとしたお話かと思っていたので
不気味で不思議で、人間の心理が巧みに描かれ、
ちょっと怖かったです。
でも、どのお話も面白く、印象が強く残り、
息子と感想を言いあいました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 8歳の虫好きの感想  投稿日:2021/04/28
ぼくらのなぞ虫大研究
ぼくらのなぞ虫大研究 著: 谷本 雄治
絵: 羽尻 利門

出版社: あかね書房
8歳の虫好きの息子が読みました。
感想を聞いてみました。

「とっても面白かった。

この本の虫は、ぼくもお花見のときに見たことのある
ヨコヅナサシガメでした。

ヨコヅナサシガメが外来種だったことや
いろいろ知らないことが出てきて面白かったです。

そうそう、本で読んでいた通り、ヨコヅナサシガメが
ケヤキの木に4匹もいたんだよ。

ぼくも学校では虫博士として頼りにされていて、
虫を見つけた時には、まっさきに俺が呼ばれるんだよ。」
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 農薬で蜂が死ぬ  投稿日:2021/04/25
ミツバチ だいすき ぼくの おじさんは ようほう家
ミツバチ だいすき ぼくの おじさんは ようほう家 文: 藤原 由美子
絵: 安井 寿磨子

出版社: 福音館書店
虫が大好きな息子に読みました。

ミツバチの絵本や
『獣の奏者』でも養蜂家について読んだことはあったのですが、
蜂のことだけでなく、
天候や花のことにも気をつけていなければならないんですね。

特に、農薬で蜂が死んでいた場面は衝撃的でした。
蜂って強そうなイメージだけど、
針を刺しても、捨て身の覚悟でだし、
案外弱い存在と知り、
いつも蜂蜜にはお世話になっているし、
蜂が集める花や自然を育て、壊さないように
できるところから守っていきたいと思いました。

花粉だんご、食べてみたいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 大人っぽくなった気に  投稿日:2021/04/25
はじめまして
はじめまして 作: 新沢 としひこ
絵: 大和田 美鈴

出版社: 鈴木出版
きっとメロディーをつけて読んだらよかったのでしょうね。
でも、繰り返しがよく、
何よりユニークな名前が面白くて、
次はどんな名前かなとワクワクしながら読みました。

名乗りも「〜です」じゃなくて、
「〜ともうします」と謙譲語の言い方で
子どもっぽくなくて、
子どもたちも少し大人っぽくなった気になるんでしょうね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う みんなで分かち合った方が  投稿日:2021/04/25
せかいでいちばん おかねもちのすずめ
せかいでいちばん おかねもちのすずめ 作: エドアルド・ペチシカ
絵: ズデネック・ミレル
訳: きむら ゆうこ

出版社: プチグラパブリッシング
1963年に発刊なんですね。

以前「もぐらとずぼん」を読んだことがありますが、
この絵本もカラフルで、とってもかわいい絵で
昔の絵本とは思えません。

4羽のスズメが見つけた食べ物を分け合って食べるのですが、
ぼさぼさくんはいつも欲張って、
見つけても一人で食べてしまいます。

そんなあるとき、貨物の中の大量の小麦に出会ったぼさぼさくん。
最初は喜んでいましたが・・・。

みんなで分かち合った方が
喜びも幸せも増すんですね。

ちょっとタイトルが微妙な気もしますが、
スズメだったら、穀物、
人間だったら、お金、
という風刺も込められているんでしょうね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい スピード感  投稿日:2021/04/24
レイチェルと滅びの呪文
レイチェルと滅びの呪文 出版社: 理論社
だいぶ前に本でお薦めされていて、
ずっと気になっていましたが
なかなか読む機会もなく、やっと読めました。

魔女や魔法などファンタジーなのですが、
とにかく魔女の描写が気持ち悪いんです。
もし映像だったら見たくないぐらい。

でも、レイチェルの魔法は
スピード感があり、
読んでいてまるで風を感じているような気になります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子どものときに出会いたかった  投稿日:2021/04/24
レイチェルと魔法の匂い
レイチェルと魔法の匂い 出版社: 理論社
魔女が復讐に地球にやってくるのですが、
地球の子どもの魔法の力を利用して
忍び寄ってくる感じが不気味で
ドンドン続きが気になりました。

描写も前回以上に、残酷で気持ち悪くて
だからこそ、余計に
人間の触れ合いや、自然などが
美しく感じられました。

子どものときに出会いたかったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい どんどん明らかに  投稿日:2021/04/24
レイチェルと魔導師の誓い
レイチェルと魔導師の誓い 出版社: 理論社
3巻では、地球の子どもたちは
ほとんどの子が魔法が使えるようになり、
スリルを求めたり、悪いことをしている子もいるけれど、
魔法のない大人との関わりがリアルで
もしこんな世界になったらどうなるんだろうと
興味深く読みました。

主人公のレイチェルよりも
他のキャラが重要な役を負っていて
魔導師の秘密など
どんどん明らかになってきて
最後まで夢中になって読みました。

だらだらと続くのではなく、
3巻でここまで壮大な物語を読めて
本当に面白かったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい とても美しい物語  投稿日:2021/04/24
犬になった王子 チベットの民話
犬になった王子  チベットの民話 文: 君島 久子
絵: 後藤 仁

出版社: 岩波書店
あとがきで『シュナの旅』の原作と読み、
子どもの頃に一度読んだきりで、
ほとんど覚えていなかったので、
読んでみたくなりました。

この王子の気高さ、勇気、
最後まで貫かれていて、
絵も雰囲気が合っていて
とても美しい物語でした。

本当かどうかわかりませんが、
こんな高潔な支配者がいたら、
民の心も気高くなり、
王族を自然に尊敬してしまうでしょうね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 真剣に考え、対処していかないと  投稿日:2021/04/24
ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー 著: ブレイディみかこ
出版社: 新潮社
図書館で予約して借りたのですが、
人気のため、数か月後にやっと読むことができました。

正直、あまり期待していなかったのですが、
とても面白かったので、欲しくなりました。

私も息子が二人いるのですが、
この親子みたいに、人種や偏見、差別、いじめのことを
こんなに話せるようになれる気がしません。

きっと、息子がつぶやいた一言を
こんなふうに冷静に返したり、
知的な発言で、受け止めてあげられない気がします。

でも、これから多様性の時代に生きる息子や私たちは
これらのことも自分のこととして
真剣に考え、対処していかないといけないんですよね。

もっとこういう本も読んで、勉強していきます。
参考になりました。 0人

2170件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【ひさかたチャイルド】

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話
  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット