お金の計算と買い物が得意になる おかねのれんしゅうちょう おかいもの編 7さいまでに身につけたい お金の計算と買い物が得意になる おかねのれんしゅうちょう おかいもの編 7さいまでに身につけたい
企画・原案: 加藤 信巳 入澤 宣幸  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
電子マネー時代だからこそ、身につけたい金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪

まことあつさんの公開ページ

まことあつさんのプロフィール

ママ・30代・東京都、男の子7歳 男の子4歳

まことあつさんの声

1544件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 少しわかったよう  投稿日:2020/05/22
ながーい5ふん みじかい5ふん
ながーい5ふん みじかい5ふん 文: リズ・ガートン・スキャンロン オードリー・ヴァーニック
絵: オリヴィエ・タレック

出版社: 光村教育図書
小学生の息子は少しわかったようですが、
幼稚園の息子はわかったのかどうなのか、
この面白さがわかるのはもう少し大きくならないと
いけないのかな〜。

でも、いろんなエピソードでわかりやすく
おもしろく描かれているので
時間の不思議や面白さをなんとなく
感じることができたのではないでしょうか。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 幼児絵本  投稿日:2020/05/22
うさこちゃんとうみ
うさこちゃんとうみ 作・絵: ディック・ブルーナ
訳: いしい ももこ

出版社: 福音館書店
ミッフィーちゃんシリーズは
子どもが小さいころには
文章も長いし、少し難しいので
絵はかわいいけれど、子どももあまり聞いていないので
あきらめていました。

でも、幼稚園になり、子どもはこの鮮やかなカラーに惹かれるのか
自分で借りてくるし、ちょうど文量もよく
おとなしく聞いています。

赤ちゃん絵本というより、幼児絵本なのかもしれませんね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う アクロバティックな職人芸  投稿日:2020/05/22
アンジェロ
アンジェロ 作・絵: デビッド・マコーレイ
訳: 千葉 茂樹

出版社: ほるぷ出版
数か月前に読み、どんなお話だったかは
あまり覚えていないのですが、
それでも、絵がとても印象に残っています。

特に職人気質で
甘ったるい愛情を示すわけではないけれど
世話をし、仕事に打ち込むアンジェロと
孤独なアンジェロに付き添うハト。

合間にアクロバティックな職人芸も見え、
子どもと一緒に驚き、
最後には少し悲しい結末でしたが
でもハトのために残された愛ある作品には
あたたかい気持ちにさせられました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい うらやましかった  投稿日:2020/05/21
いたずらビリーとほしワッペン
いたずらビリーとほしワッペン 作・絵: パット・ハッチンス
訳: いぬい ゆみこ

出版社: 偕成社
このシリーズをまとめて借りたのですが、
そうすると4歳児は気に入って
何度も「読んで」と持ってきました。

特にこの本を気に入っていました。

いたずらをしてほめられることのない息子からしたら、
うらやましかったのかしら・・・

でも、こんな困った子もメダルがもらえるような
そんな先生がいてくれたらありがたいし、
そんな存在になってあげたいです。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 子どもの世界  投稿日:2020/05/21
もしも…
もしも… 文: 神沢 利子
画: 太田 大八

出版社: 復刊ドットコム
お薦めされていて読みました。

両親の関心を弟に取られ、孤独な少女が
「もしも・・・」といろいろ空想してくのですが、
少し例えが多く、文章も長くて、
絵もイメージがポップだったり、緻密な絵だったりして、
途中で集中力が切れ、いったい何お話だっけと
なってしまいました。

でも、最後の弟が何も言わずに
抱きついてくるところがいいですね。

親が出てこずに、子どもの中で完結するところが
子どもの世界を表しているようで、そこは気に入りました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 優しい気持ちに  投稿日:2020/05/21
あかちゃんでておいで!
あかちゃんでておいで! 作: マヌシュキン
絵: ヒムラー
訳: 松永ふみ子

出版社: 偕成社
お母さんのおなかの中が心地よいのか、
「出ていかない」という赤ちゃん。

家族みんなで何とかして「出ておいで」と誘うけれど・・・

日本語版は絶版になり、図書館で運よく借りることができました。

モノクロの絵本ですが、
丁寧に描かれ、
愛情たっぷりの絵本で
優しい気持ちになれました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う もう一回読んで  投稿日:2020/05/21
やんちゃっ子の絵本 (1) だれのズボン?
やんちゃっ子の絵本 (1) だれのズボン? 作・絵: スティーナ・ヴィルセン
訳: ヘレンハルメ美穂

出版社: クレヨンハウス
絵本雑誌で紹介されていて、
スウェーデンで大人気と知り、読んでみました。

ぶたくまさん・・・ほんと豚なのかクマなのかわからないし、
ちょっと不格好な動物たち。
でも、お話が始まったら、なんでこんな不格好なのか
わかりました。

4歳児は気に入って、読み終わった後、
すぐにもう一度自分でめくり、
「もう一回読んで」と言ってきました。
2度目には一緒になって、
合うズボンや帽子を選んであげていました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 語りかける言葉も美しい  投稿日:2020/05/20
おやすみなさい
おやすみなさい 文: ヴィルジニー・アラジディ カロリーヌ・ペリシェ
絵: エマニュエル・チュクリエール
訳: カヒミ カリィ

出版社: アノニマ・スタジオ
だんだんと深い青い夜空に変わっていく中で
鮮やかに輝くお月さまや動物たち。

字も白い字で、読みやすく、
語りかける言葉も美しく、そして優しい言葉なので
読んでいる私も癒されました。

4歳児は、「誰に向かって言っているの?」
「この子?」「あ、きつねだ」といろいろしゃべってはいましたが、
顔つきは眠る直前の顔でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 俺様  投稿日:2020/05/19
あぶないよ!
あぶないよ! 作: フランチェスコ・ピトー
絵: ベルナデット・ジェルベ
訳: 栗栖 カイ

出版社: ブロンズ新社
男の子ってどうしてこう自信いっぱいなんでしょう。
「泥棒が来たらどうするの?」
と聞いても
「大丈夫だよ、俺様のパンチやキックでやっつけるから」
他の質問も同様・・・

でも、世の中は怖いことも多いので
不安にさせてばかりはいけませんが、
「こうしたらどうなる?」「こういうことがあるかもしれないよ」と
先の予測を一緒に想像したりしながら
危険を伝えていますが、なかなか。

だからこそ、ちょっと過激だけれど、
このくらいの絵本からもイメージしてもらえたら
少しは危機感をもってくれるといいのだけれど。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 既視感  投稿日:2020/05/19
あれ、お空がもえてるよ
あれ、お空がもえてるよ 作・絵: フランク・アッシュ
訳: 山口 文生

出版社: 評論社
これを読んだとき既視感を感じたのですが、
少し前に読んだ「くんちゃんとにじ」そっくりなんです。
だから、このレヴューを書く今も
どっちの話だったかと記憶の中の内容がこんがらがっています。

どっちも似たような結果なのは
くまと虹だから?

それだけでなく、
同じように周りの言葉を素直に聞かないところ?

うちの息子たちも親がどんなに言っても
自分の信念を曲げずに突き進むところがありますが、
それが子どもなのかもしれませんね。
参考になりました。 0人

1544件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

あしたがきらいなウールの背中を押してくれた奇跡の夜

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット