なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
ぼく、いいものいっぱい 〜日本語で学ぶ子どもたち〜
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼく、いいものいっぱい 〜日本語で学ぶ子どもたち〜

  • 絵本
編著: 善元 幸夫
絵: 丸山 誠司
出版社: 子どもの未来社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

絵本ナビ在庫 残り7 数量限定

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2014年02月28日
ISBN: 9784864120708

A4変形判/上製

みどころ

きのうおかあさん いそがしいから ごはんをつくることができない。
おかあさんは あさかえってくる。
おかあさん つかれた。
ぼくはごはんをたべないで おかあさんが ごひゃくえんあげた。
「おにぎりかってたべなさい」
ぼくはおにぎりとじゅうすをかった。
きょうはおかねをもらわなかった。

この文章を書いたのは、8歳のケスヤくん。タイから日本にやってきた男の子です。
初めて読んだとき、胸がチクチクと痛んだのですが…実は当の本人は自慢げに「ぼくって えらいでしょう」。

国際結婚した両親から誕生した子。生まれ育った海外の国から突然、親とともに日本にやって来ることになった子。初めての言葉を母国語で覚えたために、日本語をうまく話したり書いたりできない。
そんな子どもたちに東京都新宿区の小学校で日本語を教えている善元幸夫さんが彼らの思いを受け止め、その作文を一冊の絵本にしました。
お母さんが働きに出かける夜、一人で過ごすさみしさを綴る子。日本人の父専用とタイ人である母専用、うちには冷蔵庫が2つあると語る子。初めて日本に来て友達にいじめられた時のつらさ、母国への愛着。
彼らが書き出す日常の小さなできごとや思いから、私たち日本人が目を背けてはいけない社会の問題も浮き彫りになってきます。
なのにこの絵本は…ちっとも暗くありません。
精いっぱい紡ぎだした言葉は、ぎこちなく淡々としているのに、どこかたくましく明るい輝きを放っています。
子どもたちの生きる姿がにじみ出ている「言葉の力」は、厚く重く横たわっていた「言葉の壁」をこんなにも軽やかに優しく飛び越えてしまうのかと圧倒されました。それはまるで奇跡のよう。
そしてシンプルな言葉で綴られた子どもたちの世界に彩りと命を吹き込んだのは、ナンセンス絵本やユーモラスなイラストで人気の丸山誠司さん。素朴でのびのびとした彼らの表情は温かく、揺れる心をあらわした色彩感あふれる絵が私たちと子どもたちの距離をグンと縮めてくれます。

めまぐるしいスピードで国際化が進んでいく現代、私たちが外国の人々と出会い交流する機会はますます増えていくことでしょう。
これから世界へ飛び出す子どもたちへ、そんな子どもたちを見守る大人へ。
国境を越えた人と人としてお互いの気持ちに寄り添うきっかけを与えてくれるこの一冊、ぜひ一度ページをめくってみてほしいと思います。
最後に、韓国から来たロンイーくん(9歳)のことばを。

にほんのおとうさんと かんこくのおかあさんとであって ぼくはうまれました。
キムチと おなじです。
だからぼくは かんにほんじん(韓日本人)です。

…そう、誰でもみんな「いいものいっぱい」!

(竹原雅子  絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

いじめ、孤独、友情の中で
たくましく育つ日本語学級の子どもたち

海外から来て短い間に日本語を修得し精一杯表現する日本語学級の子どもたち。いじめ、孤独、友情の中でたくましく育つ姿と、それをあたたかく見守る教師の日常を描く。待望の教室の絵本シリーズ第4弾! 国際理解教育、異文化交流、道徳教育の授業に役立ちます。

ぼく、いいものいっぱい 〜日本語で学ぶ子どもたち〜

ベストレビュー

深い絵本です!

外国から日本に来た子供達,外国人と日本人の間に生まれた子供達,そんな子供達の気持ちがすごく伝わってくる絵本でした!
孤独,母国を想う気持ち,一生懸命書いたであろう日本語の文字にも感動しました。
国際問題,人種差別,色々ありますが,そう子供達はどこの国の子だって同じ「地球っ子」なんですよね。
子供から大人まで多くの世代の人たちに読んでもらいたい絵本だと思いました。
深い絵本です!
(まゆみんみんさん 30代・ママ 女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


丸山 誠司さんのその他の作品

キリンですけど / くらべてなるほど!ひこうき / いいわけサウルス / ママ なんサイ? / だるまなんだ2 / エスカレーターいかがですかレーター



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

ぼく、いいものいっぱい 〜日本語で学ぶ子どもたち〜

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット