ぼくたち、いちばん! ぼくたち、いちばん!
文: ジェーン・イーグランド 絵: 東條 琴枝 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

なーお00さんの公開ページ

なーお00さんのプロフィール

その他の方・30代・埼玉県

なーお00さんの声

2085件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う やんちゃなデイビット  掲載日:2017/3/24
だめよ、デイビッド!
だめよ、デイビッド! 作・絵: デイビッド・シャノン
訳: 小川 仁央

出版社: 評論社
見るからにやんちゃものの、デイビット!
いたずらする気がなくても、ぜんぶがいたずらになっちゃう。
大人の立場からしたら、これは大変!
でも、元気いっぱいでなんだか憎めない。
ページが進むにつれて、こんなにダメダメ言われてすこし可哀想と思ってきたのですが
おかあさんの言葉にほっとしました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 読み応えのあるおはなしです  掲載日:2017/3/24
モミの木
モミの木 作: ハンス・クリスチャン・アンデルセン
絵: サンナ・アンヌッカ
訳: 小宮 由

出版社: アノニマ・スタジオ
文字数がとても多いため、じぶんで物語を読める年齢のお子さん向けかと思います。
絵本というよりも、童話です。
内容がしっかりしていて、読み応えがあるので、大人でも楽しめました。
シンプルなイラストですが、とてもセンスがあるなと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 可愛いももみちゃん  掲載日:2017/3/24
ももでげんき
ももでげんき 作・絵: じゃんぼ かめ
出版社: 国土社
はずかしがりやの、ももみちゃん。
こんな女の子、ほんとうにいそうです。
恥ずかしがり屋さんにとって、あいさつはとっても勇気のいるもの。
でも、思い切って声を出せば、きっともっとお友だちが出来ると思います。
最後のページでは、思わず優しい気持ちになりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 読み応えがあります  掲載日:2017/3/24
森の戦士 ボノロン(13) かめのこ島の巻
森の戦士 ボノロン(13) かめのこ島の巻 文: きたはら せいぼう
絵: ながやま ごう
プロデュース: はら てつお

出版社: コアミックス
「ボノロン」の絵本を、はじめて読みました!
文章が多く、おそらく小学校に入っているお子さん向けかとは思いますが、読み応えがあります。
絵本と言うよりかは、童話に近い印象です。
大きくて優しいボノロンは、とても親近感のわくキャラクターだと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 美しくも力強い  掲載日:2017/3/24
水の森
水の森 著: 高田 裕子
出版社: アノニマ・スタジオ
儚げな表紙にひかれました。なんて綺麗な本なのでしょう。
美しくも力強く、おそれすら感じてしまいました。
繊細なイラストですが、生命力にあふれています。
文章がありますが、まるで画集のようでもあります。大人のための絵本かと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 学校でもやんちゃなデイビット  掲載日:2017/3/24
デイビッドがっこうへいく
デイビッドがっこうへいく 作・絵: デイビッド・シャノン
訳: 小川 仁央

出版社: 評論社
デイビットのやんちゃぶりは、学校でも相変わらず!
やんちゃなのは、おうちの中だけではなかったのですね。
ひとりで罰そうじをすることになっちゃったデイビット。
とってもやんちゃだけれど素直な良い子なので、
ちゃんとピカピカにそうじをしましたよ。
先生も、とてもよい先生でほっとしました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う かわいくておしゃれ  掲載日:2017/3/24
だれのおとしもの?
だれのおとしもの? 絵: 種村 有希子
出版社: PHP研究所
とても可愛らしく、おしゃれなイラストです。
雪の白が輝いていて、雪遊びをしたくなりました。
おとしものの持ち主は、ほんとうにちいさな女の子なのかな?と思っていたら…なるほど!
そういうことだったのですね。
最後まで結末がわからず、とても楽しめました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う こどもごころを思い出す  掲載日:2017/3/24
すなばばば
すなばばば 作・絵: 鈴木 のりたけ
出版社: PHP研究所
砂場が、こんなことになっちゃうなんて!
ユニークな発想に、驚きました。
砂場って、大人の私からすると、とっても地味な存在。
でも、子供の頃が大好きでよく遊んでいました。
そんな子供ごころを、思い出させてくれる本です。
エンターテイメントが詰まった絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい なにになったのかな?  掲載日:2017/3/24
なつみはなんにでもなれる
なつみはなんにでもなれる 作・絵: ヨシタケシンスケ
出版社: PHP研究所
ヨシタケシンスケさんのユニークな発想には、いつも驚きます!
どちらかと言うと、大人が楽しむ絵本でしょうか。
なつみちゃんとお母さんのやりとりが、微笑ましいです。
なつみちゃんが何になっているのか、想像しながら読むと、もっと楽しいです!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 思わず深呼吸  掲載日:2017/3/24
ぼーると ぼくと くも
ぼーると ぼくと くも 作: 加藤 休ミ
出版社: 風濤社
おおらかなイラストとストーリーに、爽やかな気持ちになりました。
子供の頃に想像した雲の上の世界が、画面いっぱいに広がっていて、思わず深呼吸したくなります。
最後、ボールとはお別れするのかなと思っていたので、
小さくなったけれど、これからも男の子とずっと一緒にいられるんだなぁと、嬉しくなりました。
参考になりました。 0人

2085件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

入園・入学・進級のお祝いに、ギフトしかけ絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット