よるのわがしやさん よるのわがしやさん よるのわがしやさんの試し読みができます!
文: 穂高 順也 絵: 青山 友美  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
和菓子屋の5人(個?)の和菓子たちが、洋菓子屋をていさつに!?
森の小人さん 40代・ママ

1粒で2度美味しい☆
タイトルに惹かれ読み始めました。和菓子…

なーお00さんの公開ページ

なーお00さんのプロフィール

その他の方・30代・埼玉県

なーお00さんの声

2236件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う ふしぎな連帯感・・・  掲載日:2018/4/1
おなかのなかで
おなかのなかで 作・絵: 島野 雫
出版社: 教育画劇
イラストに惹かれて読みました。
最後にくしゃみで脱出するところはオーソドックスですが、それまでの過程が新しい発想で面白いです。
食べちゃったものと食べられちゃったものの間に生まれる不思議な連帯感…
お腹の中にいる構図がとても良くて、自分もお腹に入ってしまったような気持ちになります。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ニシワキタダシさんの絵本!  掲載日:2018/3/29
ぼくのともだちカニやまさん
ぼくのともだちカニやまさん 作・絵: ニシワキタダシ
出版社: PHP研究所
なんとも不思議なおはなしです。
ニシワキタダシさんの著書を持っていますので、絵本になるとどうなるのかな?と興味があり読みましたが、
絵本でも変わらないニシワキタダシワールドが繰り広げられていました!
絵本としては斬新な、クスッと笑える要素がちりばめられた一冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ふしぎな電車に乗って  掲載日:2018/3/29
くまでんしゃ
くまでんしゃ 作・絵: いわむら かずお
出版社: 岩崎書店
「うそみーるめがね」で、
いわむらかずおさんの初期作品に興味を持ち購入しました。
夢の中にいるような世界で、たのしい冒険をすることが出来ます。
ふしぎな電車に乗って、荷物運びのお手伝い。
電車好きのお子さんにとっては、きっとたまらないでしょう。
また、荷物の中身の優しくて夢があること!
読み聞かせにぴったりの絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いつもありがとう!  掲載日:2018/3/26
ゆうびんです!
ゆうびんです! 作: 日本郵便オフィスサポート株式会社
絵: play set products
監修: 日本郵便株式会社

出版社: フレーベル館
子どもの頃から、手紙を書くのが好き、もらうのも大好き、
バイクの音が聞こえて、自宅のドアポストがコットンと音を立てると
わくわくしてしまう私ですが、
その手紙がどうやって手元に届けられるのか、疑問に思っていました。
「郵便局見学」があればいいのになあ、なんて思っていたところに、この絵本!
まるで郵便局員さんのそばで、長い長い手紙の旅を見ているような、
とっても貴重で楽しい体験をすることが出来ます。

手紙をポストに入れてから、配達先に届くまで、
こんなに沢山の郵便局員さんが関わっているのですね。
中でも、夜中でも郵便物が運ばれているということに驚きました。

余分な情報が一切ないシンプルな文章は非常に理解しやすく、
おしゃれで可愛いイラストは、このまま郵便局のオリジナルグッズとして販売してほしいほどです。

この絵本を読んで、ますます手紙のことが好きになりました。
郵便局員さん、いつもありがとうございます!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい コウノトリと再会してほしいな  掲載日:2018/3/23
クリスマスをみにいったヤシの木
クリスマスをみにいったヤシの木 作: マチュー・シルヴァンデール
絵: オードレイ・プシエ
訳: ふしみ みさを
出版社: 徳間書店
ふしぎなタイトルに惹かれて読みました。
クリスマスを見たことのないヤシの木が、
ともだちのコウノトリの話を聞いて、クリスマスを見に旅立つ・・・。
最後はもちろん、「クリスマス」を見ることができるのですが、
その地で暮らすことに決めたヤシの木は、
コウノトリとはもう会えないのかなあと、そこがすこし寂しく感じました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい どうやって、また光ろう?  掲載日:2018/3/23
そらにかえれたおひさま
そらにかえれたおひさま 作: ミラ・ギンズバーグ
絵: J・アルエーゴ A・デューイ
訳: さくま ゆみこ

出版社: アリス館
表紙の可愛らしさに惹かれて読みました。
文章は多めですが、とても読みやすく
おはなしの世界へどんどん引き込まれてゆきました。
「どうやって光るのが忘れてしまった」というおひさまに、
どうぶつたちがした事とは・・・。
このページがとても可愛くてお気に入りです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 可愛いタイトル、でも・・・  掲載日:2018/3/22
しろいうさぎがやってきて
しろいうさぎがやってきて 作・絵: エリック・バテュ
訳: もきかずこ

出版社: フレーベル館
背表紙を見て、可愛いタイトルだなあと手に取りましたが、
表紙のイラストは暗く独特で、何やら不穏な空気・・・。
穏やかな空間に、とんでもない者がスッと入ってきてその場を支配する・・・
なんだか、そんなことを経験したこともあるような既視感に囚われました。
原題は「しろいおおかみのように」だそう。
この原題の意味するところはなんだろうと、思わず考えました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ほんとうの豊かさとは  掲載日:2018/3/21
みずうみにきえた村
みずうみにきえた村 作: ジェーン・ヨーレン
絵: バーバラ・クー二ー
訳: 掛川 恭子

出版社: ほるぷ出版
タイトルのインパクトに惹かれて、
内容が気になって購入しました。
爽やかで美しいイラストとシンプルな文章で綴られる物語ですが
愛する自分の故郷が、事務的に埋められてゆく描写は衝撃的なものでした。
ほんとうの豊かさとはなにか、考えさせられる内容でした。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 大人の方が楽しめるかもしれません  掲載日:2018/3/21
しあわせのはね Reprint edition
しあわせのはね Reprint edition 著: 田中 伸介
出版社: 文芸社
一時期、文字のない絵本に興味を持って、積極的に読んでいました。
その中で、文字のない絵本がとても少ないことに気づきました。
絵の描写だけで表現するのって、きっと難しいんだなあと思っていたのですが
この絵本は、とても細かく描かれていて、
どんなお話であるのか、想像しながら読み進めることが出来ました。
小さなお子さんよりも、大人のほうが、楽しめるかもしれません。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う はっきりしたイラスト  掲載日:2018/3/20
さかさまこく の ちいさな だいまじん ゴーゴー クーボ! (1)
さかさまこく の ちいさな だいまじん ゴーゴー クーボ! (1) 作: 雙美 光
絵: ケーサー フィリップ

出版社: コスモノートパブリッシャーズ
キャラクターの設定がしっかりとしていて、
コマ割りが多いので、アニメーションのような印象を受けました。
おはなしが長いので、自分で文字を読める年齢のお子さん向けかなと思います。
イラストや色合いがはっきりしているので、
好みが分かれるかもしれないと思いました。
参考になりました。 0人

2236件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

さがして、あそんで、ちょっとまなべる地図絵本

出版社おすすめ

  • はなびのひ
    はなびのひの試し読みができます!
    はなびのひ
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    待ちに待った花火大会に、町じゅうがワクワクする様子が面白い! 一緒に花火を楽しみませんか?
  • おかっぱちゃん
    おかっぱちゃん
     出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
    NHK Eテレでアニメーション番組にもなった「おかっぱちゃん」が 新しいオリジナルストーリーをたずさ

全ページためしよみ
年齢別絵本セット