十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
コロッケくんのぼうけん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

コロッケくんのぼうけん

  • 児童書
作: 二宮 由紀子
絵: あべ 弘士
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年05月19日
ISBN: 9784035309109

小学3・4年生から
22cm×16cm/142ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

冷めかかったカニクリームコロッケのコロッケくんが、台所にいた、パイナップルのかんづめのあきかんと、はみがきコップと一緒に船旅に出かける決意をします。途中、親切な青年ジョーと知り合い船に乗りこみ、海に落ちたり、カモメにさらわれたりなど、いくつもの冒険をします。そして、コロッケくんは、つぶれて、まずそうになりながらも、「自分はただのコロッケではなく、海の男のカニクロームコロッケである」という誇りを自覚するまでに成長します!友だちとの出会いあり別れあり、あらたなる旅につづくコロッケくんの冒険が感動的です!!!

ベストレビュー

コロッケの 出会いと海の旅がおもしろい

コロッケといっても ちょっぴりさめかかった、カニクリームコロッケなんです

はみがきコップと パイナップルのかんずめのあきかんとの「たび」なんだかおもしろい取り合わせですが・・・・
「たび」をしたことのない コロッケくんが 海の男と張り切って いろんな体験をするのがおもしろい

ジョージと言う男の人が優しかったから 船に乗り込め  いろんな人に出会うのです
カモメに食べられそうになり 連れて行かれたのはびっくり でも うまいこと 海に落ちて・・・・ジョージはたすけてくれるなんて   ラッキー
このジョージもおもしろい 女の人に出会い  コメキチくんと言う名前だって 笑えます

ラストは おきどけいとまた 旅を続けているんだって
なんだか おもしろい話しなんです

コロッケくんも、旅していろいろ体験して 形が変形していて
なんともかわいいです
小学生でも 楽しめるお話しですよ この続きもあるのかな?

あべ弘士さんの絵もたのしい
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

二宮 由紀子さんのその他の作品

ふって!ふって!バニー / みんなともだち / うふふ / しろくまくんどこにいく? / どうぶつえんはおおさわぎ / スリスリとパッパ

あべ 弘士さんのその他の作品

おおきくなあれ / わにのスワニー / あべ弘士の生きものがたり カワセミとヒバリとヨタカ / 宮沢賢治「旭川。」より / ぷんぷんヒグマ / 完全版 あらしのよるに



『くれくれくまちゃん』 翻訳者 成瀬まゆみさんインタビュー

コロッケくんのぼうけん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット