おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
あえるといいな
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あえるといいな

  • 絵本
作: ネレ・モースト
絵: ユッタ・ビュッカー
訳: 小森 香折
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「あえるといいな」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

<品切れ重版未定>


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ちいさな犬とおおきな犬はだいのなかよし。けれど、ある日べつの犬があらわれて、おおきな犬はちいさな犬に見向きもしなくなりました。目の前がまっくらになったちいさな犬。ところが思いがけないことがおこって……。友情と裏切りと深い喜びが描かれた、せつない絵本。

ベストレビュー

元気がでます!

なんでもできる大きな犬となにもできない小さな犬は大の仲良し。
ところがある日別の犬がやってきて、大きな犬は小さな犬に目もくれなくなってしまいました。
そんな時あらわれた、いつも想像を膨らませていた月の犬。

お友達とうまくいかなかったり、意見が衝突してしまったりすること、この先いっぱいあると思います。
そんな時月の犬のことを思い出して、誰かがどこかで、自分のいいところを見ていてくれると思えるといいな。
親の私も元気が出た1冊です。
(ちゃこもねさん 30代・ママ 男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ネレ・モーストさんのその他の作品

きらめく船のあるところ

ユッタ・ビュッカーさんのその他の作品

たいせつなたいせつなぼくのともだち

小森 香折さんのその他の作品

喜劇レオンスとレーナ / 壇ノ浦に消えた剣 / 歴史探偵アン&リック 里見家の宝をさがせ! / レナとつる薔薇の館 / いつか蝶になる日まで / ネズミだって考える



困っているぼくのところに本物の神様が!

あえるといいな

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75




全ページためしよみ
年齢別絵本セット