貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
シャングリラをあとにして
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

シャングリラをあとにして

  • 児童書
作: マイケル・モーパーゴ
訳: 永瀬 比奈
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「シャングリラをあとにして」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年08月
ISBN: 9784198615697

小学校中高学年から
232ページ

出版社からの紹介

11歳の女の子セシーが初めて会うおじいちゃん。おじいちゃんが恐れているシャングリラとは? 過去にやり残した仕事とは……? 親と子、祖父と孫の絆を温かく描き、感動をよぶイギリスの物語。

ベストレビュー

父親との対峙

モーパーゴの小説では、戦争と家族愛が良くテーマとされます。
この本の柱になるのは、父親と息子の対峙です。
幼いころに実の父と別れ、母と新しい父が死んだために孤児院で育ったというセシーの父親。
セシーの父親の父親、おじいちゃんが突然現れます。
この本は、「父親に捨てられた子ども」と「子どもと別れたまま消息不明だった父親」の深い溝を骨格に、戦争、家族、介護施設…と、さまざまな社会要因を盛り込んだ力作です。
作中にビートルズナンバーがふんだんに出てくるのも印象的でした。
家族とは何かというテーマだけではなく、さまざまな教示が盛り込まれた作品。
感じる、考える要素は満載です。

(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

マイケル・モーパーゴさんのその他の作品

弱小FCのきせき / 最後のオオカミ / 図書館にいたユニコーン / ミミと まいごの赤ちゃんドラゴン / 走れ、風のように / 月にハミング

永瀬 比奈さんのその他の作品

タイガー・ボーイ / モンスーンの贈りもの / アンナ・ハイビスカスのお話 アンナのうちはいつもにぎやか / もういちど家族になる日まで / リキシャ・ガール / しろいふゆ



あざやかな色彩と造形!赤ちゃん絵本の王道いないいないばあ

シャングリラをあとにして

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット