もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【フェア開催中!】入園、入学、進級のお祝いにオススメのグッズ、セットを集めました♪
獣の奏者(1) 闘蛇編
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

獣の奏者(1) 闘蛇編

  • 児童書
作・絵: 上橋 菜穂子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

絵本クラブ
発行日: 2006年11月
ISBN: 9784062137003

ページ数:319

12歳〜 編集部おすすめ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

上橋菜穂子待望の長編ファンタジー

けっして人に馴れず、また馴らしてもいけない獣とともに生きる、宿命の少女・エリン。

母が指笛を吹き鳴らしたとたん、奇跡が起こった。だが、その奇跡を、母は「大罪」と呼んだ……。

ベストレビュー

エリンの傑出

王獣リランを死なせないために、全てをささげるエリン。そしてとうとう刷り込みが成功し、リランの母のように生きることに。でも、傑出したところが目立ちすぎ、真王の目に留まってしまう。話し合いで理解してもらえたのは良かったが、王が死亡してしまい、今後がどうなるか?!

読みながら女の子の成長だけでなく、生き物とは何か、どうあればいいのか、人が他の生き物を操ろうとするのがえらぶりすぎではないか、いろいろ考えてしまう作品です。大人にも子供にも読めますが、大人が読んでも深く考えられるのでおすすめ。

真王たちの祖先の真意とは?そして今後エリンがどうなってしまうのか?続編を早く読みたくなります。
(えみりん12さん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ピクニック
    ピクニック
     出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
    こぶたちゃんしかけえほんシリーズ最新刊!今度のしかけはいったい?!

上橋 菜穂子さんのその他の作品

増補改訂版 「守り人」のすべて / 軽装版 炎路を行く者 ―守り人作品集― / 鹿の王 上 / 鹿の王 下 / 明日は、いずこの空の下 / 物語ること、生きること



「ひらこう! とびらえほん」シリーズ 編集者  中村美早紀さんインタビュー

獣の奏者(1) 闘蛇編

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット