しあわせ しあわせ
作: いもと ようこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いもとようこ“感動の実話絵本”。母子のやりとりから、日々の暮らしの大切な気持ちに気づかせてくれる、やさしくあたたかなお話。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
まぬけのイワン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

まぬけのイワン

  • 絵本
作: マクシム・ゴーリキー
絵: ズデネック・ミレル
訳: きむら ゆうこ
出版社: プチグラパブリッシング

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年05月
ISBN: 9784903267272

この作品が含まれるテーマ

みどころ

 お人好しで正直者のイワン。素直で何事にも動じないイワンは、働いている家のご主人様の言いつけを守っているつもりがおかしな事ばかり繰り返し、誰もが恐れるクマに出会ってもすぐに仲良しになってしまいます。言ってる事もやっている事も、一見まぬけで笑ってしまうのですが本人はいたってまじめ。おかしな事をしている事に気が付かず、どんな出来事も乗り越えていってしまうのです。
 そして引いて見ればイワンがとっても人間らしく優しい心の持ち主である事に気づかされます。
小さい頃に読んだ記憶のある民話「イワンのばか」。どんな迫害を受けても気がつかない位「馬鹿」正直なイワンが結局苦難を乗り越えていくというお話だったと思います。その頃にはよく解らなかったのですが、周りの目を一切気にせず正直に生きる事に集中できる人の強さというのを今感じています。この頃のロシアの時代背景というのを合わせて考えてみるとより伝わってくるのでしょう。
 この「まぬけのイワン」はもっと解り易い童話になっています。ロシアの文豪ゴーリキーの文と「クルテク」で人気のミレルの可愛らしい絵の組み合わせの幻の絵本が新訳で登場です。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

ロシアの文豪ゴーリキーが、イワンという、お人好しの正直者を主人公に、
母国の圧制時代の権力者たちを皮肉って書いたお話。
素直で何事にも動じないイワンは、誰もが恐れるくまともすぐ仲良しになり、
おかしなことばかり繰り返します。そんな彼の言動は一見、“まぬけ”にもみえますが、
実は人間らしく、優しい心の持ち主だということが伝わってくるでしょう。

純粋に楽しめるのはもちろん、時代背景をふまえて読むと、とても感慨深い作品です。

ベストレビュー

イワン

絵がかわいらしくて好みだったので、図書館で借りてみました。
どこかで見たことあるなあ・・・と思ったら、「イワンのばか」の幼児版だったのですね。もう一度ちゃんと「イワンのばか」を読んでみようかなあと思いました。
(ちょてぃさん 30代・ママ 女の子11歳、女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語

ズデネック・ミレルさんのその他の作品

あおねこちゃん / もぐらくんとみどりのほし / ありさん あいたたた・・・ / もぐらくんとテレビ / もぐらくんとクリスマス / もぐらくんとあき

きむら ゆうこさんのその他の作品

ひよことむぎばたけ / せかいでいちばん おかねもちのすずめ / ゆかいなきかんしゃ / ありさん あいたたた・・・(じゃばら式)



おこづかいの見方が変わるかも!?親子で楽しめるお金絵本

まぬけのイワン

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット